2018年4月22日 (日)

トワイライト作業40 完成

 この週末は、地元消防団の車両更新祝賀会のみで、久しぶりにその他はまったくのフリーとなりました。少々疲れがたまっていただけにありがたい週末となりました。

 残っていたトワイライトエクスプレスの作業を終え、考えていた作業がすべて終了しました。残っていたのは食堂車の屋上機器。エナメルで汚れ色を吹き、艶消しクリアで保護しました。

Dsc_0979
 乾燥したところでスシの屋根板にセッティング。思ったような感じになりました。

Dsc_0990

 寝台表示や方向幕もセッティング。方向幕は札幌行きとしました。透明板に切り出した幕を裏側から貼り付けていきます。

Dsc_0978
 長くかかりましたがようやく完成しました。主な作業は床下各部の塗装とウェザリング、屋根のウェザリング。車体への全てのインレタ貼付、クリア塗装です。

Dsc_0984
1号車。スロネフ25 502

Dsc_0980

Dsc_0981
2号車 スロネ25 502

Dsc_0986

Dsc_0988
3号車 スシ24 2

Dsc_0989

Dsc_0991
4号車 オハ25 552

Dsc_0992

Dsc_0993
5号車 オハネ25 524

Dsc_0994

Dsc_0995
6号車 オハネ25 521

Dsc_0996

Dsc_0997
7号車 オハネ25 512

Dsc_0998

Dsc_0999
8号車 オハネ25 562

Dsc_1001

Dsc_1002
9号車 オハネフ25 502

Dsc_1003

Dsc_1004
電源車 カニ24 12

Dsc_1005

Dsc_1006
牽引機 EF81 113 他KATO(青ガマタイプ)DD51重連

Dsc_1007

Dsc_1008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

トワイライト作業39 スロネ組み立て

 2号車のスロネを組み立てました。

Dsc_0970

 製品のままですと、てかてかとメッキで光った車輪が気になるのですが、塗装することで落ち着いた感じになります。

Dsc_0967

 大窓からはエヌ小屋の室内シールがよく見えます。

Dsc_0968

Dsc_0969

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月19日 (木)

トワイライト作業38 スロネフ25組み立て

 昨日夕食後、スロネフの組み立てを行いました。焼酎を少なめにして、作業を行えるように調整しました。屋根のウェザリングが一番傷つきやすいですので気を使います。

Dsc_0949

 屋根と床下の艶が抑えられていますので、深緑の艶のある車体とのコントラストがいい感じになりました。

Dsc_0950

 まだフックを取り付けていません。また、サインのマスキングもそのまま。車端の床下機器もよく再現されていますので、寝台車としての重量感が感じられます。運用に備えてきれいに車体が洗浄されたという想定で、おでこにパンタシュー汚れは再現していません。

Dsc_0953

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

トワイライト作業37 組み立て開始

 年度初め、何かとすることが多く、模型にも手が付けられません。土・日もすべて埋まり、心身ともに疲れ果てた状態です。そろそろいつものペースに戻し、模型も進めていければと思います。

 それでも牛歩のごとくですが、ここまできました。スシの屋上機器類のウェザリング以外はほぼ処理が終わりましたので、組み立てを始めました。まずは、カニ。

Dsc_0915

 模型的な美しさを保つために、車体はあえてウェザリングを行わず、クリア仕上げとしています。白色のコックは白モールドでしたが、つや消しホワイトで塗装しています。金属製のフックは未装着。

Dsc_0916

 妻部。各種標記類のインレタは、クリアで保護してありますので、経年で剥がれる心配がなくなりました。コックは白色を差し、ホースも塗装とウェザリングを加えてあります。

Dsc_0917
 運転中の模型は上から見ることが多くなりますので、屋根の表情が目に入りやすくなります。カニではパンタシューの汚れと発電エンジン排気の黒が作業の中心となりました。エナメルでのウェザリングはちょっとしたことで剥がれてしまいますので、つや消しクリアで保護してあります。それでも扱いは慎重に。

Dsc_0918
 台車と床下の様子。

Dsc_0919

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

通勤電車甲種輸送

 先日到着したキハ181系と一緒にこの車両も甲種輸送されてきました。E231系常磐・成田線。サハE231も4両一緒に到着。再生産に含まれていなかった増結セットは、再生産発表時に市場在庫のものを確保しておきました。最大15両での運用ですが、当鉄道では10両での運用となります。
 KATOのサウンドカードとともに近代車両の機能美とサウンドを楽しめそうです。

Dsc_0860

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

トワイライト作業36 パンタシュー汚れ

 機関車次位になるスロネフにパンタシューによる汚れを吹きました。エナメルの白、レッドブラウン、フラットアースを混色。吹いた後に調子を見るために車体にのせてみました。あまり吹きすぎると汚くなりますので、これくらいで良さそうです。

Dsc_0854
 違った角度から。車体はクリアを吹いてありますので、鏡面のような透明感のある輝きを放っています。実車で言えば、ななつ星in九州のような感じ。実感はさておき、模型としての高級感が高まるように思います。それぞれの車両に合ったクリアの艶については今後の課題のひとつです。

Dsc_0856

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

トワイライト作業35 クーラーウェザリング

 クーラーキセに軽くウェザリングしました。まず、墨入れを済ませたクーラーキセを段ボールの上に貼ったガムテープに並べました。

Dsc_0850
 屋根に吹いた色を基本に軽く吹きました。電源車の後ろになるキセだけは少し強めに吹いています。この後、屋根とクーラーキセに保護のための艶消しクリアを吹きました。

Dsc_0852
 一昨日、車両が甲種輸送されてきました。再生産されたキハ181系。今回は、キハ181を1両、キハ180のトレーラーを2両導入しました。「やくも」として7両編成が在籍しています。これにより増結され10両編成となります。

Dsc_0853

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

トワイライト作業34 カニ屋根ウェザリング

 歓迎会が続きます。人事異動により職場の雰囲気もずいぶん変わりました。気風の刷新も人事異動の目的の一つ。今年1年、新メンバーで頑張らなければなりません。

 カニの屋根の作業を進めました。元の銀色の屋根はどこへやら。こんな表情の車両もあるようですが、少し黒っぽく吹きすぎました。

Dsc_0827
 パンタグラフのシュー汚れを吹き、さらに発電機用の排気を吹きました。薄い色を根気強く吹いていく感じになります。結構、時間がかかります。

Dsc_0829
 機関車と並べて雰囲気を確かめました。艶消しクリアを吹くまでは慎重に取り扱い、ウェザリングの塗膜を傷つけないようにしなければなりません。

Dsc_0830

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

トワイライト作業33 カニ屋根

 カニ24の屋根のウェザリング作業を進めました。墨入れを済ませた屋根に今回は黒と白を混色したエナメルをうっすら吹きました。調子を見ながらさらに吹き重ねていきます。

Dsc_0814

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

トワイライト作業32 屋根ウェザリング

 屋根のウェザリングを進めています。電源車を除く9両がここまできました。スロネフはDD51の排気の影響を受けるのか黒っぽい色になっていましたので、そのようにしました。

Dsc_0812

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«トワイライト作業31 屋根ウェザリング