2021年1月21日 (木)

80系「いなほ」作業済み画像4

 キハ80系「いなほ」のキシ80です。赤っぽい成形色だった椅子を黄色にしました。テーブルの表面も白くしました。Img_1678

 車番は実車の写真を見て位置決めしています。

Img_1682
 ルーバーや点検蓋などは墨入れしてあります。
Img_1681
 業務用扉付近。
Img_1680
 食堂車ならではの賑やかな屋根。
Img_1679

| | コメント (0)

2021年1月20日 (水)

80系「いなほ」作業済み写真3

 今日も夕方、歩いてきました。1月の累計距離は今日で90キロを超えました。体重も少しずつ減ってきました。目標達成するまで、地道に努力を続けていきたいと思います。
 80系「いなほ」の4号車、キロ80です。グリーン車の枕カバーは、時代によって長さが違うようですが、これくらいの寸法にしました。

Img_1670
 サイドからの眺めです。
Img_1673
 扉付近。
Img_1671

 水タンク付近。
Img_1672

| | コメント (0)

2021年1月19日 (火)

80系「いなほ」作業済み画像2

 80系「いなほ」の作業済み画像です。枕カバーは優等列車の証で、窓越しに見える白いカバーは模型でも欠かせません。

Img_1667_20210119204301
 きのこ型のユニットクーラー。このデザインはどのようにして生まれたのでしょうか。秀逸だと思います。
Img_1668
 排気のすす汚れ。実車の写真を参考に吹きました。この製品は妻面の上部に屋根が被さらない構造で、そのまま組むとこんな感じになります。妻板の上部も、屋根と違和感のない色で塗装する必要がありそうです。組み立ててから気づきました。
Img_1669

| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

80系「いなほ」仕上がり

 ネットニュースに、ニコンの業績が悪化しており、オリンパスの次はニコンかという憶測が掲載されていました。フィルムの市場がほぼ消滅し、これから主役と考えられていたデジカメがスマホの台頭でじり貧。ある意味、重厚長大だった老舗カメラメーカーの一眼レフの市場まで脅かすまでに時代の急流は迫ってきているようです。あまりにも時代の進展が早すぎ、何をベースに築いていったらよいのか本当に混沌とした時代になってきました。
 キハ80系「いなほ」は、予定していた作業がほぼ終わりました。今日から少しずつ車両の様子を紹介していきたいと思います。側面です。下回りは、ラジエターの塗装と機器のウォッシング。車体もウォッシング。屋根はすす汚れ吹きとルーバーの墨入れ。車内は、座席と枕カバーの塗装。

Img_1664
 妻面です。貫通幌の塗装、車端ダンパの塗装と墨入れ、ウォッシングとすす汚れ吹き、ジャンパホースの塗装。プラ素材のままだったダンパとジャンパホース等は、塗装によりプラ感を払拭することができました。なお、ジャンパホースの取り付けは、クリア吹きつけのためか取付けが堅くなっていましたので、ドリルで少々広げ、接着剤で固定しています。s
Img_1661

| | コメント (0)

2021年1月17日 (日)

80系「いなほ」通電試験

 また寒々とした天気になりました。ステイホームで、昨日の夕方歩きに行った以外は、ずっと巣ごもりです。九州も感染状況が次第に厳しくなりつつあります。個人でできることはしっかりやっていきたいと思います。
 キハ80系「いなほ」の通電試験をしました。先頭車2両の前照灯、尾灯ともに正常に点灯しました。また、動力車2両もスムーズに動きました。はやり明かりがつくと、車両に命が吹き込まれたようで、生き生きとしてきます。

Img_1653
Img_1654

| | コメント (0)

2021年1月16日 (土)

80系「いなほ」下回り終了

 貸し切りバスのトリプルブッキングの夢をみました。前年度の係が予約し、新年度になってそのことを知らない係が予約。その後にもバスがやってくる始末。どうにもこうにも困り果ててしまいました。職場のストレスがたまっているのでしょうか。現実でなくほっと胸をなで下ろしています。
 キハ80系「いなほ」の作業もいよいよ終盤。下回りの組み立てを終えました。動力車も何とか元の形に戻りました。

Img_1649
 9両の下回りが揃いました。座席の向きは、1号車を先頭にした進行方向に揃えています。
Img_1651
 ここまで時間がかかりましたが、急ぐこともないのでのんびりやってきました。
Img_1650

| | コメント (0)

2021年1月15日 (金)

キハ81運転室取付け

 キハ80系「いなほ」の運転室パーツを取付けました。どのような構造になっているのか分からないので、車体から取り外すのも苦労したのですが、取り付けとなるとさらに大変そうです。運転室ブロックのパーツはこのような構成になっています。

Img_1638
 試行錯誤しながら何とかはめ込むことができました。おでこの前照灯と警告灯のクリアパーツが奥まではまらずに何度もやり直しました。フロントガラスは外はめ式になっていますので、運転席ブロックを先に取付け、開いた窓から排気ダクトを手前に引くようにしてはめ込むとカチッとはまります。製品では薄緑一色のモールド色です。排気ダクトと運転室仕切りはそのままとして、運転台天板、運転台側板、床板、椅子を塗装しています。運転席窓が小さいですので、効果はどうかなと思いましたが、思いのほかその様子を窓越しに見ることができました。

Img_1647
 正面から見るとこんな感じ。フロントガラスの上部に隙間がありますね。写真を撮って気づきました。きちんと押し込まれていないのかもしれません。

Img_1646
 横から見るとこんな感じ。運転台の茶色はブレーキハンドルです。横から見ても床を含めて塗装した部分を確認することができ、よかったです。

Img_1644

| | コメント (0)

2021年1月14日 (木)

車側表示灯及びガラスはめ込み

 トミックスから16番のDF50の製品化がアナウンスされました。15年以上前に発売されて以来、久々です。一部改良がなされているようです。南九州では、日豊線や吉都線で運用されたなじみの機関車です。そんなこともあり、前回はプレステージ1両を含む、3両を導入しました。価格もかなり上がっていることから、今回は見送りかなと思っています。
 80系「いなほ」の下回りの組み立てと併せて、窓ガラスなどの組み込みも進めています。車側表示灯の小さなパーツは、ピンセットではさむとノミのように飛んでいき、見つけられなくなります。ドライバーの先端に両面テープを巻き、その粘着力を使って所定の穴に差し込んでいます。

Img_1620
 窓ガラスが入ると、一段と現役の車両らしくなります。パチンパチンと窓の中にガラスが収まり、その精度に感心します。窓を固定する灰色のゴムの表現がややオーバーですが、遠目には上品な感じがします。
Img_1641

| | コメント (0)

2021年1月13日 (水)

引き続き座席取付け

 午後から休みをとり、運転免許証の更新に行ってきました。新型コロナウイルスの対策がとられ、整理券に記された組の順番が来るまで自分の車の中で待機となりました。30分の講習を受けることになります。前回はなるほどと心にストンと落ちる部分があったのですが、今回はやっつけ仕事のような講習で、前回のようなことはありませんでした。指導者により、伝え方に大きな違いがあるようです。夕方はお通夜に行ってきました。かなり密な状態になっていました。いろいろな集まりに出る機会がありますが、コロナ対策もまちまちだなあと感じます。
 キハ80系「いなほ」の座席取付けなどを進めています。9号車のキハ81です。1号車を先頭に座席の向きを揃えます。9号車は製品状態とは向きが逆にしなくてはなりません。逆に取付けるとこのようになります。

Img_1637
 座席を床板に反対向きに取付ければすみそうですが、反対向きにするとフックに座席パーツが干渉します。逃げを作るために一部カットする必要があります。上の部分はカットした状態、下の部分はこれからカットです。
Img_1636
 座席裏の化粧板を表現するために塗装しています。簡易テーブルまで表現できればよいのでしょうが、どうしてよいのかわかりません。
Img_1639

| | コメント (0)

2021年1月12日 (火)

普通車座席など取付け

 キハ80系「いなほ」の座席などの取り付けを進めています。窓から見える座席の白いカバーは、特急用車両のステータスとして是非とも表現したいところ。マスキングなど手間はかかりますが、窓から見える白いカバーはその苦労以上のものがあります。

Img_1635
 キハ80とキハ81。座席数にこれだけの差があります。室内は座席のみ塗装し、その他は製品のままです。
Img_1634

| | コメント (0)

«室内パーツなど組み込み