« 2009年12月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

蘇る南薩鉄道の記憶(その2)

Dsc_0324

 今日は4月の晦日。こちらに赴任してきて1ヶ月が経ちました。これまでの生活との大きな変化はテレビとの決別。DVD等のモニターとしては使っていますが、テレビ放送とは全く縁を切った生活です。お陰で手持ちのDVDやCDをよく観たり聴いたりするようになりました。随分前に購入した蒸気機関車のCD集。南九州編は封を切って聴いていたのですが、数年ぶりに2枚目の封を切りました。「栄光の超大型急客機C62のすべて」というタイトルのCDです。すべてかどうかは別にして、最初のトラックに登場するC62急行ニセコの添乗録音は圧巻。C62独特のドラフト音やドレインの音、そして2両のC62の力を合わせての壮絶な峠越えが過ぎし日の陶酔に誘ってくれます。他に、常磐線最後のC62、ゆうづる、ていね、安芸など、楽しませてくれます。

 さて、笠沙恵比寿の展示スペースへと歩を進めることにしましょう。

 入り口を入って目を左に向けるとこの企画展のタイトルが大きく掲げられています。万之瀬川鉄橋をゆく丸型キハ100。車両の赤、鉄橋の赤、そして空の青が南薩線らしい色彩的特徴をよく表現していると思います。明治から大正にかけて誕生した南薩線はドイツの技術を導入して敷設されました。機関車にしてもこの鉄橋にしてもドイツ製。後に国産車が登場しますが、最初は舶来の技術でした。暴れ川で知られる万之瀬川。これまでも多くの水害をもたらしてきました。地図を見ると加世田で大きく蛇行しながらその流れを変えてきたことが容易に分かります。他の鉄橋が上路式プレートガーターで造られたのに対し、このように万之瀬川だけは川の実情に対応した形でトラス橋となりました。そのような貴重な橋梁であるのですが、廃線時に刊行した鹿児島交通発行の「奇跡-南薩鉄道70年」にはこの姿は納められていないのは残念です。そのような意味からも今回のタイトル画像として選ばれたこの写真は考えられたものだと思います。

Dsc_0257

 さて、右側に目を移すと、今回の企画展へ至る想いが担当者の言葉として語られています。早いもので南薩線がこの世から去って25年。私にとってもあの日から四半世紀が過ぎたのかと感慨もひとしおです。母の実家が南薩線沿線にあり、小さい頃から親しんだ南薩線には特別な想いもあります。風化の進む南薩線の記憶がこのような形で表現されたことには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 「南薩線」という楽曲があります。そのことがこのコーナーでは紹介されています。携帯でいつでも薄くつながる現代社会とは違い、人と人の生身の深くもはかない人間のつながりのあった時代のよさがこの歌には表現されています。説明文を読みながら、古き良き時代といっては言い古された言葉ではありますが、まさに古き良き時代のよさがストレートに伝わってきます。

 また、ここではHVCCさんの「失われた時間(とき)を求めて」というDVD作品を観ることができます。小さな画面ですが、ちょっとだけ観ようかなというお客様が、ついつい全編を観てしまわれると担当者の方がおっしゃっていました。ここでしか観ることのできないHVCCさんの南薩線探訪記。廃線後も風化だけでなく開発も進み、どんどんその姿を変えていきます。現在の姿とはまた違う、ちょっと懐かしい風景が人の心をつかんでしまいます。

 この映像を見て、ゆっくりと南薩線の廃線跡をたどってみましょう。廃線跡も生きていると言うことを肌で感じることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

笠沙恵比寿

Dsc_0248

 You-enてっどさんと加世田駅跡のバスターミナルで合流して「蘇る南薩鉄道の記憶」展が行われている笠沙恵比寿に向かいました。大型連休初日の今日は快晴の行楽日和。空の青、草木の緑、そして海の青さがさんさんと降り注ぐ太陽の光を浴びて、ひときわ輝いて見えました。加世田から笠沙恵比寿のある野間池までは、おだやかな大浦までの道を過ぎるとリアス式海岸に沿った難所となります。道路改良により、立派な道路にはなっていますが、まだ旧道のままの部分もあり、こんなところを加世田・野間池間の大型路線バスが通るのかとびっくりします。写真のような風景を眼下に見下ろしながら笠沙恵比寿への道をたどりました。

Dsc_0287

 笠沙恵比寿です。野間池は天然の地形を利用した港。入り江のほとりに三方を海に囲まれる形で笠沙恵比寿はあります。この時、潮がかなり引いていましたが、満潮となると海に浮かんでいるように見えます。笠沙恵比寿のキャッチフレーズは「海を学ぶ、海に遊ぶ、海の冒険館」。まさに海の冒険館にふさわしい立地です。笠沙恵比寿とともに日本的な漁港の風景も楽しみたいものです。

Dsc_0278

 駐車場側から見た笠沙恵比寿です。この建物はあのJR九州の車両などをデザインされている水戸岡鋭治さんの設計です。多様性を重視する水戸岡さんらしく、ここに何があるんだろうという期待感を持たせる構成になっています。洗練されたデザインは、周りの自然のクリアな色彩に映えて、とても美しく見えます。

Dsc_0277

 笠沙恵比寿の玄関アプローチです。シックな色合いとはっきりした原色に近い色の組み合わせはJR九州の車両デザインを見るようです。この辺りは、急峻で、山がそのまま海に落ち込むような地形になっています。そのため、山の斜面に家や畑があります。土地を拓くときに出た石が石垣としてそのまま利用され、この地の風景を特徴づけているのですが、笠沙恵比寿の外観にもそんな地域性がしっかり表現されています。

 さて、この入り口を入って「蘇る南薩鉄道の記憶」展へと進みましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

今年も砂の祭典がやってきました

 どうもプリンターの調子がよくありません。黒とグレーがかすれて、いくらクリーニングをかけても改善されません。高速印刷では、大いにかすれてしまうので、転勤挨拶のはがき作りはゆっくり印刷でだましだまし。おかげで印刷に随分時間がかかってしまいました。修理に出すかどうか、またまた迷える問題が起こってしまいました。

Dsc_0230

さて、先日行った吹上浜海浜公園での話題をもう少し。

東シナ海に注ぐ万之瀬川河口付近は川幅が広く、流れもゆったりしていることから、すぐ近くにある南薩少年自然の家でのカヌー体験が行われています。

 5月頃から各学校等の宿泊学習が始まりますので、もうすぐシーズン到来です。

 それに先だって、5月1日から5日まで吹上浜砂の祭典が行われます。目下、砂像づくりの真っ最中。

 海浜公園入口でも砂像づくりを行っていました。テーマは世界遺産とのことで、門の左側に屋久島、右側に白川郷の製作が進んでいました。

 子どもの頃は、学校の砂場で山を作ったり道を造ったり、トンネルを掘ったりよく遊んだものでした。

Dsc_0231_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

連結間

Dsc_0243

 天賞堂のキハ55系です。まだ部品の添付やインレタの貼り付けは行っていません。準急や急行列車として活躍していましたが、私の年代が知るキハ55系の印象は、ローカル列車。キハ20などに混じってのんびり走る姿でした。10系客車や80系電車に似た窓配置は、整然としていて車体裾の絞り込みがないこともあいまってすっきりした外観が印象的。そんな気動車が天賞堂から発売されたことは嬉しいことでした。これであの頃の気動車の様子が再現できます。

 製品はプラ製ではありますが、車体はかちっとしていて全車モーター付きということで、重さもずっしり。模型としての存在感は十分です。金属製の手すりやノブの色差し、各種車体表記の印刷で精密感もあります。

 単行で走らせる分には問題ないのですが、編成としたときに大きな問題が…。

 下の写真を見てください。なんだか変ではありませんか。

Dsc_0244

 この連結間。実物の倍以上あります。隣の車両に移るの決死の思いでジャンプしなければなりません。

 カプラーはケーディ。急曲線やSカーブなど最悪の線路状態を考慮して設定されたのでしょうか。それにしても離れすぎです。

 伸縮カプラーが当たり前の鉄道模型界にあって、この事態は何故?そもそも天賞堂が自前のカプラーを持っていないからでしょうか。まるで昔のベーカー型の連結器を付けた連結面のようです。いくら車両が良くできていても、これでは興ざめです。キハ20系から始まってキハ17系、そしてこのキハ55系とこの状態が続いています。

 加工でもできればよいのでしょうが、そんな技術も持ち合わせていません。

 ちょっと斜めから見るとこんな感じ。この角度から幌が見えてしまいます。

Dsc_0246

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

海浜公園をサイクリング

Dsc_0214

 今日は、とても良い天気でしたね。風もあまりなく、絶好の行楽日和でした。ちょっと時間ができたので、気分転換に娘を連れて吹上浜海浜公園に行ってみました。私は、自分の自転車を持ち込み、娘は2時間200円也の貸し自転車を借りました。いろいろな自転車があり、それぞれニーズに合った自転車を借りることができます。

Dsc_0215

貸し自転車場の前をスタート。子どもたちの遊具施設を右手に見ながら行くと、サッカーコートではサッカーの大会が行われていました。新緑の芝生の上で熱戦が繰り広げられ、多くの人で賑わっていました。

 軽くランニングをする選手も見られ、思い思いに休日を楽しんでいる風。

広々として車のこない道路は起伏も少なく、実に快適に走ることができます。

Dsc_0216  しばらく走ると、小高い丘の上に出て、そこから東シナ海の方にゆるやかに下る道が延びています。新緑の緑と空の青のコントラストが美しく、緑の向こう側には東シナ海の大海原が広がっています。

 この道を下り終わった場所から海までは徒歩10分ほど。潮干狩りの道具を持った親子連れが何組か海の方へ歩いていく姿を見かけました。今夜はアサリバター、アサリ入りの味噌汁…?

Dsc_0217

 

 ゆるやかな坂道を下ってくると、こんな感じの自転車道に出ます。自転車2台が横に並ぶといっぱいになるような細い道です。まるで鉄道廃線後にできたような道。松林の中を行くこの道は、松の香りがして、南薩線の薩摩湖駅付近を走っているような感覚になります。

 時よりクマバチが横切り、どきっとします。また、看板には「イノシシ出ます」の注意書き。

Dsc_0221

 途中で廃屋がありました。古い木造家屋ですが、家主がいなくなってかなり年月がたっているようで、いつ崩れ落ちるか分からないような状況です。

 昭和の頃のレイアウトを作るには、このような雰囲気の住宅は欠かせません。廃屋マニアではありませんが、現存するうちに写真に残しておくと資料として役立ちそうです。

Dsc_0219_2

 いよいよコースのハイライト、サンセットブリッジにやってきました。自転車・歩行者専用で自動車は通ることができません。奥には金峰山がその特徴ある稜線を見せています。今日は、とても天気が良く、空もご覧の通り。南薩線も25年前まで金峰山を望みながらこの空の下を走っていました。

 さて、サンセットブリッジからの眺めはご覧の通り。万瀬川の河口です。その向こうは東シナ海。文字通り、この向こう側に夕日が沈みます。

Dsc_0224

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

歓迎会

Dsc_0212

 今日は歓迎会がありました。ここでの目玉は、歓迎される側の似顔おにぎりと特性ジャンボつきあげ。このおにぎりもかなりでかいです。このおにぎりは私の顔をモチーフにしたもの。達人がいるのでしょうか、転入者が6人いたのですが、それぞれの特徴をよくつかんでいて、そっくり。

 一次会が9時までで、そしてその後私の住宅で二次会となりました。

 今日の飲み会の収穫はいくつもあったのですが、その中でダントツは、父親が国鉄に勤めていたという人がいたこと。そのお父様が、何と国鉄の技術畑でリニアモーターカーの開発に携わっていたとのこと。東京出身でこの地にIターンで来られた方でした。また、カメラについて語れる人もいました。オリンパスのカメラやニコンのカメラについて熱く語ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

C58

Dsc_0144

 志布志に保存されているC58です。地元の国鉄OBの方の手によって保存当時から手厚く手入れを施されています。天賞堂の次期プラ製の蒸機は、C58の発売がアナウンスされています。例によって単一形式での豊富なバリエーションで発売。南九州の地元としては、門デフ船底テンダー仕様に関心が向きます。志布志線には同仕様のC58277がいました。当鉄道にも配置したいのですが、現在のところ財源のめどが立たず、保留状態です。

 今日は、今回赴任した地区の自治会総会が行われました。会場は、地区の公民館。この公民館は、ここに来たときから気になっていた建物でした。外観はとても古く、昭和の香りがぷんぷんする建物です。

 初めて中に入ってみました。天井は、旧型客車の天井のように壁と天井の間がR処理され、とても優美な作り。デザインを合わせ、正面の演台付近の壁もR処理の造形になっています。

 聞いてみると、この建物、昭和31年から32年頃建てられたらしい。そして、新築ではなく、小学校の木造校舎を移築してきたものだということも分かりました。なるほど、窓の配置やつくりの大きさが校舎っぽい。

 この建物もなかなかに魅力的だと思ったのですが、近くにまだ歴史があり、造形的に凝った造りの公民館があるといいます。また、じっくり訪問し、詳細を写真に納めようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研修会

Dsc_0210

今日は、南さつま市での研修会がありました。研修会場は、昨秋に南薩線写真展を開催した会場の2階。1年もたたない間にこんなことになるとは思ってもみませんでした。 

 朝から始まった研修会は、午後4時40分に無事終了。勤務時間はあと5分で終了なので歓迎会に備えて、加世田駅跡にできた量販店でビールと焼酎を買うことにしました。店ができて初めて店内に入ってみました。うちの家内も言っていましたが、中にはいると広大な店内に圧倒されます。アルコール飲料のコーナーを見つけるのにかなりの時間を要しました。

 ビール3ケースに焼酎を2本購入。これでも16番カトーのDD51が購入できる価格。ですが来客を迎えるには仕方のない投資です。

 さて、ちょっと目をそらして南側の出入り口を見ると、出入り口を額縁にするようにそこにはディーゼル機関車DD1200の姿が…。こんな場所から見るDD1200の姿は初めてでした。

 加世田駅跡にできた量販店の駐車場は広く、万世方面の出口から出ると、程なく旧万世線の跡で信号停止となりました。(写真上)

 また、しばらく車を走らせると万世駅跡、そぼ降る雨の中で広い校内がその広さをもてあましているように見えました。(写真下)

Dsc_0211

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

模型の演出

Dsc_0138

 今日は曇り。ちょっとはっきりしない天気でした。ここは風の強いところで風力発電の施設が多いのもうなずけます。風力発電は自然に優しいエネルギー源と言われますが、風を切る音が健康被害を強いるという報道も聞いたことがあります。身近に小さな風力発電施設があるのですが、風を受けて回ると結構いい音がします。プロベラ機の音の質に似ているような気がします。ましてや巨大な風車では結構な風切り音が出るのではと予想されます。

 さて、この写真はつい先日、天気の良い日に撮影したものです。干拓地に広がる田んぼは広大で、機械を使っても田植えには結構な時間を要しそうです。田植え終えたばかりの田が水鏡となり、周りの風景を写し込んでいます。山に重なって見えているものはクレーンのアーム。ちょっとこの場には不釣り合いなものですが、老人ホームを建設中です。このような美しい環境の中で余生を送るのは幸せですね。

Dsc_0207_2

 青函連絡船です。購入後、一回箱から出したきり、また箱の中に眠っていたのですが、引っ越しを機会に棚に出しました。一日の中でライティングの違いでいろいろな表情を見せてくれます。写真はもちろん光が大事なのですが、このような模型もどこから光を当てるかで表情が全く違ってきます。また、この天賞堂の模型の醍醐味はサウンド。汽笛、銅鑼、蛍の光…。どれも実物からのサンプリングとのことで、雰囲気は抜群。

 NHK大河ドラマ「龍馬伝」の演出の話が新聞に出ていましたが、やはり素材をどのように演出していくかというのはとても大事なことのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

今日の旧加世田駅

Dsc_0201

 本年度の異動で加世田の近くにやってきました。これまでわざわざ出かけて行っていた場所がすっかり生活圏になってしまいました。南薩線ゆかりの地名が道路表示板に次々に表示されている様子を見ると、南薩線のふるさとにやってきたんだなあという実感がわきます。

 今日は、加世田に用事があったので、そのついでにちょっと加世田駅跡に寄ってみました。加世田駅前周辺は道路改良などがなされ、モダンな町並みに変わっています。鉄道はなくなってしまいましたが、鹿児島交通?(分社化なのかすっかり社名がどうなったのか分かりません)のバスがひっきりなしに出入りをし、交通の要衝としての役割は今でも変わっていないようです。また、この時間は高齢者が多く、乗客の雰囲気は鉄道の頃とあまり変わっていないような印象を受けます。

Dsc_0203

 バスロータリーにある上屋付きホーム?には、鉄道時代のものと思われるベンチが置いてあり、なんだか近代的な周りの風景から浮いているように感じました。でも、今でも使い続けていることはとても嬉しいことです。

 旧加世田駅には、屋外展示として4号機関車とDD1200が現在置かれています。廃止後25年あまり。屋外で風雨にされされてきた車体はなかり痛みが進んでいるのが気になります。近くで見ると、水がたまりやすいところは腐ってぼろぼろになっています。南薩の貴重な文化遺産だけに、どうにかできないものかと市民だれもが思っているのではないでしょうか。企業も自治体も先立つものに余裕がない時代ですので、このままどうなってしまうのでしょうか。

 かつて鹿児島交通線では、機関車や客車の廃車体がゴースト列車のごとく、構内の至る所で朽ちた姿を横たえていましたが、この車両たちの姿も次第にそれに近いものになっていっているようで心配でなりません。ブログを書き込んでいる今、外は強い風を伴った雨模様です。真っ暗な中、これらの車両は全身ずぶ濡れで、闇夜を耐えています。

Dsc_0202

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログの内容を変更しました

これまで「写真箱」としてアップしてきましたが、管理人室の他の日誌等を整理し、「鉄分やや高めのNakachan日誌」(ちょっといい名前が考えつきませんでした)として再出発することにしました。これからもみなさん、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年5月 »