« ブログの内容を変更しました | トップページ | 模型の演出 »

2010年4月19日 (月)

今日の旧加世田駅

Dsc_0201

 本年度の異動で加世田の近くにやってきました。これまでわざわざ出かけて行っていた場所がすっかり生活圏になってしまいました。南薩線ゆかりの地名が道路表示板に次々に表示されている様子を見ると、南薩線のふるさとにやってきたんだなあという実感がわきます。

 今日は、加世田に用事があったので、そのついでにちょっと加世田駅跡に寄ってみました。加世田駅前周辺は道路改良などがなされ、モダンな町並みに変わっています。鉄道はなくなってしまいましたが、鹿児島交通?(分社化なのかすっかり社名がどうなったのか分かりません)のバスがひっきりなしに出入りをし、交通の要衝としての役割は今でも変わっていないようです。また、この時間は高齢者が多く、乗客の雰囲気は鉄道の頃とあまり変わっていないような印象を受けます。

Dsc_0203

 バスロータリーにある上屋付きホーム?には、鉄道時代のものと思われるベンチが置いてあり、なんだか近代的な周りの風景から浮いているように感じました。でも、今でも使い続けていることはとても嬉しいことです。

 旧加世田駅には、屋外展示として4号機関車とDD1200が現在置かれています。廃止後25年あまり。屋外で風雨にされされてきた車体はなかり痛みが進んでいるのが気になります。近くで見ると、水がたまりやすいところは腐ってぼろぼろになっています。南薩の貴重な文化遺産だけに、どうにかできないものかと市民だれもが思っているのではないでしょうか。企業も自治体も先立つものに余裕がない時代ですので、このままどうなってしまうのでしょうか。

 かつて鹿児島交通線では、機関車や客車の廃車体がゴースト列車のごとく、構内の至る所で朽ちた姿を横たえていましたが、この車両たちの姿も次第にそれに近いものになっていっているようで心配でなりません。ブログを書き込んでいる今、外は強い風を伴った雨模様です。真っ暗な中、これらの車両は全身ずぶ濡れで、闇夜を耐えています。

Dsc_0202

|

« ブログの内容を変更しました | トップページ | 模型の演出 »

南薩鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の旧加世田駅:

« ブログの内容を変更しました | トップページ | 模型の演出 »