« 南薩線警報機発見 | トップページ | 南薩線廃線跡サイクリング記(その3) »

2010年5月18日 (火)

故郷の味、あくまき

今日の帰宅は午後11時前。ちょっと参りました。シャワーを浴びて食事を作って、そして夕食(深夜食?)が終わった頃には、日付が替わってかなり経った時間でした。今週は、今日から土曜日までずっと夜の会が続きます。土曜日は楽しい飲み会ですが…。

ということで「がたごとがたごと」各駅停車のサイクリング記は時間が見つけられずにウヤです。すみません。

ちょっとおいしそうな食べ物を…

Dsc_0198

えっ、あまりおいしそうに見えない!!

私の大好物の「あくまき」です。餅米でできています。とろっとしておいしいのですよ。砂糖と少しの塩でほどよく味付けしたきな粉をたっぷりつけて食します。土曜日、南薩線の廃線跡をサイクリングして帰宅した後、ちょっと遅めの昼食はこの「あきまき」にしました。

 あきまきは、おいしいものとそうではいものがはっきり分かれます。このあくまきはどちらかというとおいしくない方に分類されるものでした。おいしいものはこくがあって、味に深みがあります。そして、米の芯までとろっとしており、肌つやがまったく違います。透明感があるのです。

 このあくまきを食べると故郷を感じます。そう、あの南薩線が走っていた、あの頃の故郷の風景が思い浮かぶのです。

|

« 南薩線警報機発見 | トップページ | 南薩線廃線跡サイクリング記(その3) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 故郷の味、あくまき:

« 南薩線警報機発見 | トップページ | 南薩線廃線跡サイクリング記(その3) »