« 旧吉利駅界隈の猫 | トップページ | 看板2題 »

2010年5月11日 (火)

金峰ダム

 今日も6時頃には退庁できたので、自転車に乗って小一時間走ってみました。夕方から風が強くなり、自転車にはちょっと悪条件。でも、体調管理のためのサイクリングという意味合いも濃いので、かえって好都合かもしれません。追い風では一番重い段でスイスイ進みますが、向かい風となると変速してもかなりきつい。でも、ジムで何にも風景が変わらない中でひたすらペダルをこぐよりは数段ましです。海沿いの堤防では、風にあおられて海水がしぶきとなって飛んできます。自転車によくないので、途中で干拓地の田に降りて、田の中の道を進むことにしました。ここではジャンボタニシのピンク色の卵をそこかしこで認めることができました。農家の方々は野鳥対策にジャンボタニシ対策と大変です。

 さて、話は変わってダムの話題。その昔、九州山地を訪ねた折、深い山に囲まれた谷あいに大きなダムが豊かな水を蓄えている様子に心を動かされました。それからダムにはちょっと関心があります。鹿児島と赴任先を往復するときに、途中に下の写真にあるダムがあります。

Dsc_0239

 これは金峰ダム。農業灌漑用のダムです。周りの地盤が強固でなかったためか、ロックフィル方式で建設されています。コンクリートダムではなく、このロックフィルには一つ一つの石を積み重ねたその営みに人間のすごさを感じてしまいます。ちょっと名前は忘れてしまったのですが、NHKのプロジェクトXに出てきたロックフィルダム。このダム建設がテーマではなくダム建設による桜移植がテーマだったように記憶しています。金沢から名古屋方面へ出る途中に偶然そのダムに遭遇したのです。もちろん、移植された桜にも。このときに出会った感動は今でも忘れられません。

 このダムを見下ろす場所に説明版が設置されています。一方は全く技術的な説明で、一般の方にはあまり訴える力のないもの。また、一方は小学生を対象としたようなルビまでふった丁寧なもの。いくつかの文言にはイラストまで盛られて、伝えようとする意欲満々です。

 これは大人向け。そしてその下は子ども向け。

Dsc_0241

Dsc_0242

|

« 旧吉利駅界隈の猫 | トップページ | 看板2題 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金峰ダム:

« 旧吉利駅界隈の猫 | トップページ | 看板2題 »