« 蘇る南薩鉄道の記憶(その2) | トップページ | 蘇る南薩鉄道の記憶(その4) »

2010年5月 1日 (土)

蘇る南薩鉄道の記憶(その3)

You-enてっどさんが笠沙を訪れた日の翌日は天気はよかったのですが、黄砂に見舞われて風景はどんより。澄んだ空気の中でご案内できて本当に運に恵まれたと思いました。

さて、笠沙恵比寿訪問の3回目です。

Dsc_0269

 入り口を入るとこんな雰囲気です。フローリングの床に白い壁、そして三角の天井、光の演出の妙はまるでJR九州の特急車両のよう。広々とした落ち着いた空間で企画展はなされています。中央付近にはテーブルと椅子が配されており、ゆっくり歓談することもできます。左手の柱に上手に隠れているのは、You-enてっどさんと笠沙恵比寿の学芸員さんです。写真を見ながら、お話をされています。

 このテーブルにはちょっとした仕掛けがあります。その答えはその4で紹介します。

Dsc_0261

 南薩線の写真はこのような形で展示されています。統一されたフォーマットで整然と美しく展示されています。長期の展示となりましたが、HVCCさんにより途中で写真の入替も行われました。それぞれに作風があり、出品者の個性が表れています。廃止から四半世紀を経て、このような形で合同展示が実現したことは、有り難いことでした。

|

« 蘇る南薩鉄道の記憶(その2) | トップページ | 蘇る南薩鉄道の記憶(その4) »

南薩鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蘇る南薩鉄道の記憶(その3):

« 蘇る南薩鉄道の記憶(その2) | トップページ | 蘇る南薩鉄道の記憶(その4) »