« キハ52 0番台が発売に | トップページ | 明るい朝で始まった一日 »

2010年7月16日 (金)

奄美大島からジェット機撤退?

先日の報道で11月より鹿児島・奄美大島便が増便される旨伝えられていました。その内容は、日本航空が撤退し、日本エアコミューターが引き継ぐというもの。よく知らなかったのですが、現在でも7往復中2往復のみが日本航空の運航で残り5往復は既に日本エアコミューターが行っているのですね。11月からはすべてが日本エアコミューターの運航になるといいます。現在、日本エアコミューターが運航している航空機はボンバルディアQ400とサーブ340Bのみ。双方ともターボプロップエンジンのプロペラ機です。

奄美空港が海上空港に生まれ変わって、ジェット機就航可能空港としてDC9をはじめとするジェット旅客機が就航していました。日本航空の会社更正の一環だと思うのですが、鹿児島・奄美空港便がすべてプロペラ機に戻ってしまうというのは便数が増えて利便性が高まるとはいえ、奄美大島の人々にとってショックなことではないでしょうか。もっとも離陸上昇後、ほとんど水平飛行の時間もないまま着陸態勢に入るという近距離路線ではありますが、若干の飛行時間の延びとともに1機当たりの定員減少は、修学旅行をはじめとする団体旅行誘致には大きな障害となりそうです。Q400はジェット機並の高速性能を誇るとはいえ、プロペラ機とジェット機では島の人々の受け止め方も大いに違ってくると思います。

少々驚きとともに接した報道でありました。

今日は今年になって気温が一番高くなった日でした。空にも青空が広がった時間帯がありました。朝、セミが羽化している様子を見ることができました。もう羽は乾き、透明になっていました。いよいよこれから夏本番です。

Dsc_0001

|

« キハ52 0番台が発売に | トップページ | 明るい朝で始まった一日 »

航空機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奄美大島からジェット機撤退?:

« キハ52 0番台が発売に | トップページ | 明るい朝で始まった一日 »