« D51170復活構想など | トップページ | 野球観戦 »

2010年8月 4日 (水)

8月4日は橋の日

今日は8月4日。「橋の日」です。

甲突川河畔で、毎年恒例の橋の日イベントとしてスケッチ大会とウォークラリーが行われました。毎年、参加者が多いイベントです。中学生になって部活がある次男は今回から欠席。小学生の長女一人連れて参加してきました。

子どものお目当ては、食べ放題のかき氷と缶飲料。今回もそれを楽しみにしていた長女でした。受付をすると引換券をもらいました。「飲み物」と「かき氷」の券。今回から一人一回のみの利用に変わっていて長女はちょっと残念そう。事業仕分けではありませんが、予算が削られているのかもしれません。

川の上からも河原からも多くの人たちが橋を描きます。かつてここには西田橋という立派な石橋がありました。8・6水害後の檄特事業で移設され、近代的な橋に掛け替えられています。また、川自体も2メートルほど掘り下げられ、水路のようになっており、昔に比べると役者がそろわない感じです。

それでも子どもたちは一生懸命に描きます。中には、自分の絵にあまり興味を示さず親がおやおやと手伝っているところも見受けました。

Dsc_0119

高見橋をいく7000型です。天気がよく絶好のスケッチ日和と思っていたのですが、この後思わぬ事態になります。黒い粒が画用紙に落ちてきました。小さな雨粒にたっぷり桜島の灰がこびりついています。その後、大量の降灰に見舞われ、急遽、西田橋の下に避難して色つけを続けることになったのです。

Dsc_0129

あっという間に町は灰神楽になってしまし、市電は軌道につもった灰を巻き上げながら走ります。これに雨が混じると、パンタグラフのシューが灰の粒によって摩耗し、寿命を縮めてしまうそうです。

|

« D51170復活構想など | トップページ | 野球観戦 »

路面電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月4日は橋の日:

« D51170復活構想など | トップページ | 野球観戦 »