« 新聞のコラムを老化防止に | トップページ | あの頃の鹿児島(第2回) »

2010年10月28日 (木)

晩秋

今朝、職場に向かう途中、カワセミに出会いました。タイムリーなことに夜のNHKのニュースで生物の特性を工業製品に生かすという取組が紹介されていました。新幹線500系は何をモデルに製作されているでしょうという問題が出され、とっさに「カワセミ」という答えが頭に浮かびました。果たしてそれは正解でありました。水の抵抗を軽減しつつ水の中に突っ込んでいくカワセミの前頭部。それはトンネルの突入する新幹線の前頭部にも応用されていたのです。

昨日辺りから急に冷え込んできました。晩秋と表現するにふさわしい肌持ちになってきました。晩秋はとても風情のある季節。駐車場のすぐ近くに柿の木があります。夕方、仕事が一段落ついたところで写真を撮ってみました。

Dsc_0532

よく見ると鳥なのでしょうか、つついた跡があります。葉の色が黄色みがかりいよいよ秋の終わりであることを告げているようです。

台風が接近しつつあります。その影響なのでしょうか。今日の日暮れ時の空はいつになく夕焼け色が奇妙で、何かを予感させるような少々不気味な空でありました。

Dsc_0534

|

« 新聞のコラムを老化防止に | トップページ | あの頃の鹿児島(第2回) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋:

« 新聞のコラムを老化防止に | トップページ | あの頃の鹿児島(第2回) »