« 季刊「国鉄時代」 | トップページ | ヨンサントオのムック »

2010年10月 2日 (土)

実りの秋

あまり床屋は変えたくないので、転勤しながらも可能な限り行きつけの床屋に行くようにしています。現在のところからは片道1時間40分。ちょっと距離はありますが、ドライブを愉しみながら通っています。

私が住んでいるところは早場米で夏場に刈り取りが終わってしまいます。今日、床屋に行く途中に通ったところはちょうど今、稲穂が重い頭を垂れているところ。畦には彼岸花が咲き、日本の秋の風景そのものです。時間があれば写真でも撮ったのですが、予約の時間にちょっきり間に合うように家を出ましたので、余裕時分なし。ちょっともったいないことをしました。

かけ干しも行われており、いい風情です。

高いところを走る道路から見下ろす広々とした田んぼは正に黄金色の絨毯。遠い床屋に行けばこそ出会える風景です。

中一の二男の誕生プレゼントのリクエストはドミノ。自分で日本ドミノ協会なる組織をネットで調べ、そこでドミノが売っているとのこと。お金を振り込んだら、こんなドミノが送ってきました。アナログな遊びはいろいろな力を育ててくれそうです。

Dsc_0120

|

« 季刊「国鉄時代」 | トップページ | ヨンサントオのムック »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実りの秋:

« 季刊「国鉄時代」 | トップページ | ヨンサントオのムック »