« 金木犀の頃 | トップページ | 煙と生活 »

2010年10月16日 (土)

体と心の健康のために

昨日はいつもより早く仕事から帰ることができましたので、1時間ほど歩いてみました。以前は雨が降っていても歩くぐらい気合いが入っていましたが、今はその意気込みはどこへやら。きっかけは書物。書物の力は恐るべしです。関連本を次々に読み、自称健康オタクのような状態になっていました。お陰で人間ドッグで指摘された体重をはじめとする数値はどんどん改善の方へと進み、すべて正常範囲に収まるようになりました。

それで安心したのか、転勤で環境が変わってしまったからなのか、以前のようなはまりは全くなくなっています。それでもまだ数値は正常範囲内にありますので、若くもないからだを維持していくためにも、また取組を復活させねばなりません。

昨日は、歩いているうちに闇に包まれ、上弦の月から届くおぼろげな月明かりを頼りに歩きました。人工衛星が見えないかなと時々星の少ない空を見上げましたが、出会うことはありませんでした。

久しぶりに歩いて気をよくして仕事帰りに買ってきた「宮ヶ浜」という焼酎を飲みました。余分なカロリー摂取となりますが、リラックスでき精神面での効果ありということで自分で納得することにします。

今朝は6時前に目が覚めました。焼酎が効いたのか、ちょっと現実的な夢をみてしまい、その余韻の中での目覚めとなりました。古い車に乗っています。これまでに故障も何度かしました。いつ動かなくなるか分からない領域に入ってきているような気がします。夢の中で、信号待ちをしていると車が静かになり、そのうち煙に包まれてきたのです。外へ出て、車内の貴重品を持ち出したところでエンジンから火が出ました。消火を手伝ってくれる人もいました。ああついに…。

目が覚めて夢だと分かってほっとしました。まだ夜明け前で外はうっすら明るくなってきたばかり。自転車でしばらく走ってくることにし、すぐに家を出ました。何事もなかったように車はそのままの姿でそこにありました。

自転車で走りながら半袖できたことをちょっと後悔。風が強く、体感温度はかなり低いのです。しかし、しばらく走るうちに体の内側から暖まってきました。わざわざ軽トラでやってきて干拓地の堤防を散歩する夫婦の姿がありました。それ以外に人気はなし。突然の侵入者に鳥たちが驚いたように飛び立ちます。しかし、強風のために対気速度は出ていますが、対地速度はゼロに等しく、目の前でばたばたと羽を動かしているだけで、まるでひもでつながれているよう。ちょっと気の毒に思いながらもその姿はユーモラス。

東の空が次第に明るくなってきました。

Dsc_0354

カメラを提げていきましたので、その様子を撮ってみました。秋らしくもう少し雲が高ければもっときれいな朝焼けを見ることができたと思います。でも朝からこんな景色を見るとなんだかいい一日になりそうな気もしてきます。

南の方から2機の航空機が短いコントレールを引きながらクロスする形でゆっくりとやってきました。もちろんかなりの速度で飛行していますが、地上から見るとゆっくりとしたものです。ぼくもとばかりに一羽の鳥もファインダーの中に入り、ちゃっかり一緒に収まってしまいました。

Dsc_0351_2

|

« 金木犀の頃 | トップページ | 煙と生活 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体と心の健康のために:

« 金木犀の頃 | トップページ | 煙と生活 »