« あの頃の鹿児島(第8回) | トップページ | 検索ワード »

2010年11月30日 (火)

海を渡る14系

マレーシアに譲渡される14系、親しんでいた車両が海を渡っていくのを見るのは何とも複雑な心境です。華のある寝台特急ですから現地でも最後まで華ある活躍して欲しいと願っています。JR西日本からも譲渡されるということです。内、数両は部品供給車として少々痛々しい姿を見せることになるのでしょうか。

新聞には軌道幅に合うように整備する旨記載されていました。調べてみるとマレーシアの鉄道はちょうど1000㎜幅。日本の1067㎜より67㎜だけ狭いようです。日本より更に狭軌になるんですね。1000㎜軌間に乗っかっている14系、どんな感じでしょう。

写真は弊鉄道のスハネフ14とオハネ15。

Dsc_0039

|

« あの頃の鹿児島(第8回) | トップページ | 検索ワード »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海を渡る14系:

« あの頃の鹿児島(第8回) | トップページ | 検索ワード »