« あの頃の鹿児島(第6回) | トップページ | 韓国ヒュンダイのバス »

2010年11月17日 (水)

長声一発

今朝の新聞にJR西日本の14形座席車がマレーシアに無償譲渡されるという記事が載っていました。JR九州も「富士」「さくら」に使用していた14系寝台車を同国に無償譲渡するということです。これまでも日本の客車や気動車が海外に譲渡された例は多くあります。

老朽化もありますが、どちらかというと用途廃止で廃車となった車両ですのでまだま活躍の余地があるのでしょう。いずれにしても現役で活躍できる道が開けたのはよかったと思います。青函連絡船も海外に売られて活躍した船もありましたね。

今日は、鹿児島市内で研修会。明日まで続きます。終了後、近くにある書店に寄りました。鉄道関係の本を中心にチェック。結構興味をひく本がありました。写真関係、技術関係など食指が動くのですが、子育て真っ最中の身には少々ハードルが高く、今回はパス。一冊一冊が高いのです。

小惑星探査機はやぶさ物語(的川泰宣著)、人はなぜ約束の時間に遅れるのか(島宋理著)、「気づき」の力(柳田邦男著)の3冊を買ってきました。新書や文庫本は安くていいですね。

帰りに鹿児島新港の奄美航路の船でも撮ろうかなと思っていたのですが、店を出ると外は真っ暗。まだ陽がまぶしい時間に入ったもののいつの間にか時間が経っていました。車に乗り込むときに長声一発。奄美・沖縄に向けての出航です。たまにはゆっくり洋上の旅でも楽しんでみたいですね。

|

« あの頃の鹿児島(第6回) | トップページ | 韓国ヒュンダイのバス »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長声一発:

« あの頃の鹿児島(第6回) | トップページ | 韓国ヒュンダイのバス »