« 保存機を現役当時のような姿に… | トップページ | 本当の豊かさを求めて »

2010年12月25日 (土)

観光電車運転に寄せて

鹿児島市交通局が来春3月から土・日・祝日に観光電車の運転を始めると発表しました。コースは鹿児島中央駅前を出発して天文館経由で鹿児島駅前まで行き、ここで折り返し。高見馬場で左へ折れ、交通局前を通り郡元から右へ曲がり鹿児島中央駅へ戻る70分のコース。ボランティアガイドの案内が付きます。料金は通常料金の2倍大人320円、子ども160円。一日乗車券の利用も可。午前2便、午後2便の計4便を運転予定。

本年は桜島フェリーでも寄り道クルーズと称して、通常のコースから大きく迂回して桜島を眺めながら桜島へ向かう便が出て大好評でした。料金が通常と変わらないというのも大きな魅力でした。来年の運行では料金は特別なものに改訂されるようです。

いずれにしても今ある資源を有効活用した優れた企画だと思います。どっぷり地域につかっているとそこの良さというものになかなか気づかないものです。よそから来た人に指摘されてああそうなんですねと気づくこともしばしばです。ないもの探しではなくあるもの探しをすることがキーワードのような気がします。私たちの町にはあれがないこれがないと他の地域と比べてマイナス思考に陥るより、あれがあるではないかこれもあるではないかと掘り起こして生かしていけば魅力を増していくものはいくらでもあるような気がします。

今回の市電やフェリーの企画はまさにあるものを生かした魅力的なものだと拍手を送りたくなります。

Dsc_0026

|

« 保存機を現役当時のような姿に… | トップページ | 本当の豊かさを求めて »

路面電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観光電車運転に寄せて:

« 保存機を現役当時のような姿に… | トップページ | 本当の豊かさを求めて »