« 鶴丸 | トップページ | 世代をつなぐ鉄道ブーム »

2011年1月19日 (水)

鉄な本2冊

ネット書店に注文にしていた本が2冊届きました。お誕生日ギフトなる商法の餌食になり購入してしまいました。誕生日に合わせて一定期間内に3000円以上の注文をすると500円の割引が受けられるというもの。ときどき300円のギフトの餌食になることもあります。ギフトがなければ買わなかったような本まで買ってしまいますので、うまく商売をするものです。

1冊目は、中村弦さんの「ロスト・トレイン」。新聞に作家の紹介が載っており、おもしろそうだと思って切り抜いていたものでした。廃線跡が舞台という異色の作品。本の帯には「誰も知らない場所行きの列車が、いま、目の前で動き出す(なつかしくなる、旅に出たくなる、じんわり切ない大人の青春小説)」とあります。

もう1冊は、松澤健さんの「鉄のバイエル」。これは鉄道発車メロディの楽譜集。JR東日本のホームで流される発車メロディが101曲楽譜に起こしてあります。こんな楽譜があることを最近知り、おもしろそうなので購入してみました。

さて、皆様にお礼を。先日、息子がエコノミクス甲子園の大敗者復活選に参戦している旨お伝えし、もしよろしければ1票をとお願いをいたしました。日・月と投票が行われ、本日発表がなされました。20チームの参戦で上がれるのは1チームのみ。厳しい戦いだなと思っていました。有り難いことに次点のチームの倍の得票を得て、全国大会に進めることになりました。1票を投じてくださった皆さん、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

Dsc_0062

|

« 鶴丸 | トップページ | 世代をつなぐ鉄道ブーム »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

当方も今お気に入りの二冊ができました。正月に帰省した時にもらった祖父の遺品で1981年11月と、1984年の日本交通公社の時刻表です。旅行に行くのに買ってそのまま捨てておかずに持っていたようです。81年のものは東北新幹線ができる前で、見ていて飽きることがありません。寝る前に酒を飲みながら空想旅行を満喫しています。管理人様にも懐かしいであろうキハ82も食堂車付きで北海道を走っていました。この時刻表を見ると、昔は赤字が膨れ上がるのも納得な、鉄分の濃い人にはたまらないダイヤが組まれていたのですね。
 それはそうと、お子様の全国大会出場、おめでとうございます!

投稿: おおとり | 2011年1月20日 (木) 23時00分

おおとり様、こんばんは。貴重な2冊が平成の世の中で再び輝きを取り戻した感じですね。東北新幹線開業前の上野駅には長編成の長距離列車がひっきりなしに出入りしていた時代、その他の線でも国鉄特急列車の黄金時代のような様相を呈していましたね。客車急行も今から考えるとよだれが出るような編成。時刻表を見るとそんな時代が蘇ってくるのではないでしょうか。お陰様で念願の全国大会へ駒を進めることができました。ありがとうございました。ちなみに息子には全く鉄分はありません。

投稿: Nakachan | 2011年1月21日 (金) 00時07分

管理人様、深夜のコンビニ時間帯に失礼致します。まずは御子息様チームの復活本選出場、おめでとう御座います。何の世界でも形(特に趣味嗜好)を次の代に 継承するのは困難です。書籍(資料)にしろ模型、(写真)画像や映像記録も好きな者には欠け代えの無い宝物ですが興味が無ければタダのモノ。コレは私の空虚な構想なのですが「図書館」とは別個に『書像データ管理所』なる施設を造れないかなと。著作者本人の意思表示が有れば著作物の権利を県に帰属させ後世の探究諸君らに遺すというモノ。日常の有り触れたスナップも見る者の情熱次第で大切な記録。何れは散逸するであろう書像(データ)は個人の思い出であると同時に未来の人々への遺産。施設外部とのネット回線は遮断しスタッフ、利用者も「著作権」に関する最低限の知識習得を課す等のハードルも有り構想の域内ですが如何でしょうか?。鹿児島のデータ資料は来鹿しなければ入手出来ないので多少の経済効果も有ると考えています。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年1月21日 (金) 01時06分

個人所有の貴重な記録はまさにその人がこの世を去ったときに消滅してしまう危険を大いにはらんでいます。夢幻鉄道様が記されたように、何らかの形で救済できるシステムがあるといいなと思っています。人間誰しも、いつかは他界する運命です。あの世には何も持ってはいけませんので、希望すれば貴重な資料を引き取り、有効活用してくれる機関があったらいいなと思います。その前提として、それぞれがきちんと整理し、引き渡せる準備をしておくことが必要かもしれません。もうそろそろお迎えがくるかもしれないなと思ったときに、自動車運転免許証の返納よろしく引き渡すことができれば、安心して旅立つことができるかもしれません。画像データは保管場所をそれほど必要としませんので、実現のハードルは物質的な物に比べて低くなりそうです。

投稿: Nakachan | 2011年1月21日 (金) 18時26分

はじめまして。ちかるというものです。19日の記事に30日にコメントをして申し訳ございません。

息子さんのエコノミクス甲子園全国大会進出おめでとうございます。私は昨年度第4回大会の鹿児島代表のものです。エコノミクス甲子園関連のサイトを巡っていた時にこのブログにたどり着きました。
「15-BOYS」のお二人には鹿児島予選終了後にごあいさつさせていただきました。覚えていらっしゃいますでしょうか?昨年度鹿児島代表として、今年は鹿児島大会から2チームが出場するということで非常に嬉しいです。
全国大会は東京で行われますが、地区予選とは比べ物にならないほどのハイレベルな問題や変化球的な形式が出題されると予想されます。が、それなりに対策すれば全国大会でも十分に好成績を残せます。
それよりも、エコノミクス甲子園は経済をテーマに扱っていますがイメージとは違って非常に楽しい大会ですので是非「15-BOYS」のお二人は全国大会を楽しんできてください。
何か力になれることがありましたら私でよければ喜んでお手伝いいたします。

ご子息の全国大会でのご活躍を心よりお祈りいたしております。

投稿: chikaru | 2011年1月30日 (日) 16時13分

ちかるさん、初めまして。このような形で息子の先輩格に当たられる方からメッセージをいただけるとは思いもよらないことでした。お陰様でご支援をいただき敗者復活を果たすことができました。この強運を是非全国大会でも発揮してもらいたいと思っています。息子もちかるさんのメッセージを読みました。とても嬉しそうに「そうそう覚えている。僕たちに声をかけてきてくれた人。○○さんだよ」と話していました。本当に嬉しそうでした。こんな有り難いメッセージをいただき、本人もますますやる気が出てきたものと思います。有り難いご助言と申し出をいただきまして感謝しております。
ところで全国大会では保護者等の大会見学はできるのでしょうか。昨年はいかがだったでしょうか。

投稿: Nakachan | 2011年1月31日 (月) 19時06分

覚えていてくださいましたか!非常にうれしいです!

>ところで全国大会では保護者等の大会見学はできるのでしょうか。昨年はいかがだったでしょうか。

関係者に聞いたところ今年も大会見学はできるようです。昨年度も何組か保護者の方が応援に駆け付けていらっしゃいました。
ただ息子さんと大会当日に話せるのは昨年と同じような大会形式であれば中盤ぐらいからだと思います。
大会当日は、最初は大会出場者は別に設けられた控室での待機ですので。

また息子さんからでも、お父様からでも何かありましたらできる限りこちらから情報を差し上げたいと思いますので、添付してあるメールアドレスにご連絡いただければ返信いたします。

投稿: chikaru | 2011年2月 2日 (水) 10時43分

ちかるさん、ご教示ありがとうございました。私は仕事の関係で行けませんが、家族が応援に行く予定です。ちかるさんからいろいろ情報をいただけるとのこと、たいへん有り難く思います。息子もこんな心強いことはないと喜んでいました。アドレスを息子に伝えてありますので、アドバイス等よろしくお願いします。

投稿: Nakachan | 2011年2月 2日 (水) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄な本2冊:

« 鶴丸 | トップページ | 世代をつなぐ鉄道ブーム »