« よろしければ1票を | トップページ | ライフログ »

2011年1月15日 (土)

バースト

先日、夜中になだらかに続く舗装道路を走行中に突然タイヤがバーストしました。強風が吹いてきたのかと最初は思いましたが、すぐに車の状態からパンクだと判断できました。運転席側の後輪です。まったく問題なく走行していたにもかかわらず、突然のタイヤの急減圧。あっという間にタイヤの空気圧は0になってしまいました。

すぐには何が起こったのか理解することができませんでした。原因になるような事象はまったくなし。いきなりの急減圧でしたから。

あと1時間で日付が変わるような時刻。辺りには人家もない寂しいところ。気を取り直してタイヤ交換作業を進めようとしますが、真っ暗でとても作業ができるような状況にありません。結局断念してJAFに連絡を取ることに。

JAFに加入して30年ほどになります。ロードサービスをお願いするのは初めて。会費ばかり払ってもったいないなあと思っていました。しかし、こんな藁にもすがりたいような時には大いに頼りになる存在であることに気づかされました。

電話をして40分ほどで提携工場の人が来てくれました。24時間サービスとはいえ、こんな時間に来てもらうのは非常に申し訳なく、しかもひときわ寒さの厳しい夜でしたので、ありがたみが身に染みました。

バーストしたタイヤを見てみると側面に大きな亀裂が入り、平らな舗装面でのパンクとは思えないような悲惨な状況です。よほど鋭利なものが刺さり、空気圧と車重量により一気に開口部が開いたのかもしれません。まったくもって修理不能であることがすぐに分かりました。

30分ほどで作業終了。とても人の良い方で安心して作業を見守ることができました。

さて、問題はタイヤをどうするか。4つのタイヤは半分より少し摩耗が進んだ状態。まだまだ走れます。ここに新しいタイヤを一つ入れ込むとバランスが悪くなりそうです。四駆なので4つとも換えなければならないのか。以前も修理不能のパンクになり、結局4つとも換えた経緯があります。

今日、ディーラーへ行き、車検の予約とともにタイヤのことを相談してきました。メカニックの人によればスペアタイヤはメーカー装着品でまだ新品状態なので、このタイヤと同等のタイヤを1本準備して前輪へ、残った3つのタイヤのうち一番摩耗したタイヤをスペアへ回すということで1本購入で大丈夫ということでした。

前輪と後輪のタイヤの溝の形が違うことになりますが、出費が抑えられて一安心。たちの悪いところへ持って行けば「お客さん、もう半分以上すり減っていますし、4本換えるしかないですね、安くしときますよ」なんてことになるのかもしれません。

よろしければ1票を

すみません。昨日のブログに書きましたが、高校生によるエコノミクス甲子園の大敗者復活選が行われ、各チームのマニフェストをもとに投票によって復活チームが決定されることになっています。投票受付は16日と17日の48時間。もしよろしければ昨日アップのブログに掲載したURLにアクセスの上、鹿児島県の「15-BOYS」を応援してください。よろしくお願いします。

Dsc_0047

|

« よろしければ1票を | トップページ | ライフログ »

その他」カテゴリの記事

コメント

危ないところでしたね。
スピードの関係、後輪だったことなど、幾つかの要因はあるでしょうが、他の車などを巻き込んだ事故にならなかったのは不幸中の幸いです。

投稿: hvcc | 2011年1月16日 (日) 10時33分

制限解除の道路でしたので、60キロプラスα。真夜中でしたので70未満になるように速度をキープしながら走っていました。後輪だったせいか、車は安定しており妙な振動のみが伝わってきました。大事に至らなかったのは幸いでした。

投稿: Nakachan | 2011年1月16日 (日) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バースト:

« よろしければ1票を | トップページ | ライフログ »