« あの頃の鹿児島(第12回) | トップページ | 落日 »

2011年1月22日 (土)

H2B2号機打ち上げ成功

14時37分57秒、種子島宇宙センターからH2Bの2号機が打ち上げられました。昨日までの天候から一転して今日は快晴のはずでしたが、当地は朝から雲が多く、打ち上げの様子を見られるのかは運次第という状況になりました。ラジオを聞いていると鹿児島市内は雲一つない快晴とか。同じ県内でも地形の影響なのかこんなにも違うものかと恨めしくなります。

午後から少々晴れ間も見えるようになり、期待が持てるようになってきました。地図を見てこの辺りから上がるのではないかという方向に目星をつけ、カメラをもってスタンバイしました。相変わらず雲が多く心配しましたが、目星を付けた方向に一筋の白雲が下の方からどんどん成長していく様子が見えました。一旦雲に隠れ、姿を現したのですが、再び雲に隠れたまま見えなくなってしまいました。

打ち上げ後15分で国際宇宙ステーションに届ける物資を載せた無人宇宙船HTV(こうのとり)2号を軌道に投入し、H2B2号機は見事に使命を果たしました。巨大システムですが、わずか15分でその使命を終えるのは何だかもったいないような。しかし、あれだけの重量のロケットを地球の重力に逆らって渾身の力を振り絞って宇宙まで運ぶのですから、長い長い15分なのかもしれません。

後はHTV(こうのとり)が無事に任務を果たし、日本の宇宙技術のすばらしさを全世界に再びアピールしてほしいと願っています。

写真は宇宙に向かって上昇を続けるH2B2号機。無人宇宙船の名の主であるコウノトリ。昨年飛来して以来、この地に居着いて今でもその姿を見ることができます。

Dsc_0077_3

Dsc_0654

|

« あの頃の鹿児島(第12回) | トップページ | 落日 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H2B2号機打ち上げ成功:

« あの頃の鹿児島(第12回) | トップページ | 落日 »