« 天賞堂からカンタムサウンドキハ52 | トップページ | 整列乗車に御協力ください »

2011年2月 8日 (火)

14系15形への作業

高速道路の無料化区間がまた増えましたね。社会実験とのことですが、財源と収支、その効果について明確な数値を示してもらいたいと思います。

14系15形の作業の手始めとして、車両番号を転写する治具を作成しました。車体下端から3.2㎜の位置に転写とあります。以前治具を作成していましたが、反省点を生かし新たな治具を作りました。今回は、左右に3.2㎜のラインを示し、それに合わせてインレタを置けるようにしました。また、中心などの基準を書き入れ、窓下にセンタリングしやすいようにしてみました。

Dsc_0144

今日の作業は、治具の作成のほか、車内へのはしごの設置。これはすべてたたんだ状態での設置にしました。その後、妻板へのインレタ添付。車体表記を添付することで俄然模型が生き生きとした表情を見せるようになります。エンド表記の①②はフックと雨といの間にインレタ表記ぎりぎりの隙間しかありませんので、ルーペを見ながらぎりぎりの切り出しが必要です。

Dsc_0143

|

« 天賞堂からカンタムサウンドキハ52 | トップページ | 整列乗車に御協力ください »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14系15形への作業:

« 天賞堂からカンタムサウンドキハ52 | トップページ | 整列乗車に御協力ください »