« 山の神社 | トップページ | かめまる館の整備工事 »

2011年2月19日 (土)

南薩鉄道復活?

伊集院方面に用事があったので車を走らせました。途中、永吉駅跡に寄ってみました。南薩線掲示板でおなじみのHVCCさんが先日の訪問時に工事をしている旨、記されていたのが気になったからです。行ってみて驚きました。永吉駅跡地全面に渡って工事がなされています。最近、南薩線跡に並行する国道に「永吉駅跡」という立派な案内板が上下線別に2基設置されました。自転車道の入り口案内が主目的のものです。その中に「P」という表示があり、こちらも気になっていました。もともと駐車場はなかったからです。

観察した工事の概要です。

①道路側に駐車スペースの確保②自転車道側に駐輪スペースの確保③東屋設置④広い敷地の全面芝化⑤駐車スペースから自転車道の間はタイル張りもしくは石板張り⑥ホーム両端のスロープに階段設置⑦ホーム上面のタイル張りもしくは石板張り⑧駅名標設置

ここへきてこれだけの整備をすることに驚きました。事業主体がどこなのか見るのをうっかりしていましたが、姿を現した駅名標に鹿児島県の表示がありますので、県の事業なのかもしれません。整備され生まれ変わる永吉駅跡。一方で当時の面影が消えるという寂しさも感じました。

ここで吉利駅のことが気になりました。国道にまったく同じ案内板が設置されています。もちろん「P」マークも。今日現在、手つかずの状態でしたが、こちらも同様の整備がなされるのかもしれません。

また、永吉・吉利間にある橋脚群。ここでも既存のかめまる館整備のため工事が進行中。自転車道化を免れたわずかな区間の築堤が欠き取られる計画のようです。

写真は最近ホーム上に設置された駅名標。まるで南薩線が再び運行を始めるような雰囲気です。当時のものを復元する形で作製されたならなおよかったなと思います。また追って様子を撮影した写真をアップいたします。

Dsc_0044

|

« 山の神社 | トップページ | かめまる館の整備工事 »

南薩鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南薩鉄道復活?:

« 山の神社 | トップページ | かめまる館の整備工事 »