« こんな活用方法が | トップページ | ミニ鉄道 »

2011年3月26日 (土)

閉園式

保育園の卒園式と閉園式に呼ばれて行ってきました。58年間の公立保育園としての歴史にピリオドを打ち、民間の保育園に移行するとのことです。少子高齢化による学校再編や財政難にあえぐ地方自治体の台所事情を反映した改革など地方は縮小していくばかり。

鉄道がなくなり、学校がなくなり、そして残るものは…

Dsc_0110

|

« こんな活用方法が | トップページ | ミニ鉄道 »

その他」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんにちは。閉校・閉園、毎年この時期になると聞こえてくる言葉です。過疎化に加えての少子化、鹿児島市内でも私達が通っていた頃より児童・生徒数が遥かに少なくなっています。中学校など15クラス位あったのが嘘みたい、学校が無くなると若い世代は益々その地域に住めなくなり過疎化のドミノ倒し。効率的で合理化が優先される現代日本の弊害は今回の大震災でも大きな課題となりました。国民1人1人が考えなければならない問題だと思います。今、小1の時に徒歩遠足で来た多賀山下の多賀踏切でこのコメントを書いています。何や感や言っても787のフォルムは素晴らしい、出来ればココで82DCの「にちりん」も撮りたかったですが、。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年3月27日 (日) 11時55分

地方は負のスパイラルにさらされています。これから10年後、20年後、30年後はどうなっているのだろうかと思います。地方を支えていく次の世代がいないのですから…。今後、この問題は地方にとどまらず都市へも及んでいくのではないかと危惧しています。

787系のよい写真が撮れたでしょうか。利用客にとっては車両といい、車内販売といい、サービスアップが図られ今後の需要拡大が期待されます。

投稿: Nakachan | 2011年3月27日 (日) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 閉園式:

« こんな活用方法が | トップページ | ミニ鉄道 »