« 薩摩万世駅跡の駅前旅館「村田旅館」 | トップページ | 汽罐車 »

2011年3月30日 (水)

運用を終えた485系

3月12日、九州新幹線全線開業の日、運用を終えた485系が留置されていました。世代交代により前日まで第一線で活躍していた車両が日付が変わったとたんに働き場所を失い、留め置かれている姿に何とも感傷的な気分になってしまいます。

Dsc_0201

|

« 薩摩万世駅跡の駅前旅館「村田旅館」 | トップページ | 汽罐車 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。大震災の発生とよもやコレ程までの甚大な被害を及ぼすとは予想出来なかった大津波の災禍から20日。未だ安否が解らない方々と(先が見えない)不便と不安に耐えておられる人々に胸が痛みます。鉄道趣味どころでは無い知人もいて心が細りそうですがマイナス思考のままでは車輛達が不憫だと思い時間が有れば模型を動かし線路端へ撮影にも。後輩達が仕業へと向かう姿を静かに見送る485と無言の会話「まだまだヤレるんだけどなァ!」「解る、解る、でもヨク頑張ったね、沢山走ってくれて有難う」。J九さんが(改めて)『RE謝恩ラストラン』を企画される事を期待しています、その時は何処で待ち構えようかな。桜島を望む海辺の線路沿いで再びREディに会いたいモノです。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年3月31日 (木) 23時35分

日本中が自粛モードと原発に対する不安で元気がなくなっています。これから力強く日本を再生していくためには、次のステップに進まなくてはなりません。亡くなった方の無念に応えるためにも、被災された方の日常の回復、被災地の復興のためにも日本を元気づけていかなければなりません。そのことは今まで以上に残された者が生き甲斐を持って元気よく生きていくことから始まっていくと思っています。一方で技術の進歩を何の疑いもなく全て受け入れてきた人間の在り方については熟考が必要になっているときだとも思います。

投稿: Nakachan | 2011年4月 1日 (金) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運用を終えた485系:

« 薩摩万世駅跡の駅前旅館「村田旅館」 | トップページ | 汽罐車 »