« 「鉄学」概論 | トップページ | 急行「日南」3号 »

2011年3月 2日 (水)

国鉄官舎

左に見える古い集合住宅は国鉄の官舎として建てられた建物です。私が小学生の頃に建設され、工事の様子は今でもよく覚えています。R5と記されています。今では解体されてしまいましたが、ほかにも4棟同じような建物がありました。民営化後はJR九州の社宅として使用。解体された跡地には右側に写っているJR九州のマンションが建ちました。最後に建設されたR5も今では誰も住んでいません。解体の後、こちらにもマンションが建つ予定とのことです。手前の駐車場はかつて国鉄の物資部があったところ。官舎の人たちの利便のために日用品を扱っていました。道路の下は暗渠になっており、当時はふたはなく、デンプン工場の真っ黒い排水が流れていました。そう遠くない将来、この場所からも国鉄の名残が消えてしまいそうです。

Dsc_0248

|

« 「鉄学」概論 | トップページ | 急行「日南」3号 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国鉄官舎:

« 「鉄学」概論 | トップページ | 急行「日南」3号 »