« 諏訪神社と桜 | トップページ | 緑の中をいく »

2011年4月12日 (火)

鹿児島市電の専用軌道

一昨日、車のメーターがぐるっと回り29万キロになりました。購入した頃、2才だった長男もこの春で高校3年生になりました。まだ、助手席のシートベルトが義務化されていなかった頃、助手席のフロアに立ち、握り棒をつかんでいた頃は遠い昔。よく頑張って走っているものだと思います。

経年車故、車検時に依頼した左右のドア下付近の水漏れの修理に不具合があり、ディーラーに持ち込みました。かつてのサロ(キロ)の落とし窓の水漏れのごとく、わずかな隙間から水が入り込んでいたようです。その手直しの間、歩いて鹿児島市電の専用軌道の撮影に出かけました。

前から撮影したいと思っていた場所。手持ちのスナップ撮影でしたが、久々に鉄道の写真をじっくり撮ることができました。夕方の時間帯、思った以上に次々とやってくる電車にいろいろな角度からレンズを向けてみました。勘が戻らず、愚作の連続になったような気もしますが、しばらくアップしていきますのでお付き合いくだされば幸いです。

なお、スナップ撮影のため構図が不十分で多少のトリミングをしておりますので差し引いてご覧ください。

Dsc_0548

|

« 諏訪神社と桜 | トップページ | 緑の中をいく »

路面電車」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。コノ2ヶ月余り撮りっぱなしでメモリーカードに入れたままだったモノを連夜「HDD」に落とし込んでおります。さて待ってましたの『かごしま市電』特に専用軌道区間はクルマの被りを気にせずアングルを自由に決められるので撮影技術の習練を兼て定期的に出没致します。数年前にほとんど全線の枕木PC化が完了してしまいましたが木製の架線柱や錆朽ちた広告看板等が撮影意欲を掻き立てます。もっと早くにレンズを向けていれば清水線の専用軌道も写せたのにと「伊敷線育ち」は悔やみます。昭和の連接電車も撮りたかったです(アノ頃の)市電のスターでしたから。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年4月13日 (水) 01時34分

デジカメになって撮影枚数が圧倒的に増えていますが、その管理となるとCFカードにたまったデータをフォルダに入れておしまいのままです。バックアップも取っておかなければと思いつつ無精のしっぱなしです。鹿児島市電の専用軌道区間はおもしろいですね。車両を含めてずいぶん近代化されていますが、まだまだ風情があります。いろいろな季節に撮ってみたいなと思っているところです。伊敷線も清水線も記憶の中にあるのみ。その幻影を既存の区間で追ってみるのも良いのかもしれません。

投稿: Nakachan | 2011年4月14日 (木) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島市電の専用軌道:

« 諏訪神社と桜 | トップページ | 緑の中をいく »