« ご婦人と花と鉄路 | トップページ | 扉の前は電停なり »

2011年4月23日 (土)

それぞれの時間

今日も飲み会があり、結構な人数が集まりました。その中である女の人から声をかけられました。「何年式のパジェロですか」。「もう16年目ですから1994年式ですかね」。「私はその頃パジェロの工場でパジェロを作っていましたから、この車も関わっていると思います」「そうなんですか、自分の乗っている車づくりに関わった人にこうして会えるなんてなんだか不思議な感じです」。「私の夫も同じ工場でパジェロの組み立てをしていました」。

いやあ、これは奇遇でした。工場は岐阜、ここは鹿児島。こんなところで自分の車を作った人に出会えるなんて。その女の人は自分が関わった車がこうして元気に走っているのが嬉しいとも話していました。

今日の鹿児島市電専用軌道の写真は、傾いた日の光に優しく包まれる市電です。読書する人、うつらうつらする人、それぞれの時間が流れています。

Dsc_0616

|

« ご婦人と花と鉄路 | トップページ | 扉の前は電停なり »

路面電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの時間:

« ご婦人と花と鉄路 | トップページ | 扉の前は電停なり »