« 鹿児島市電の専用軌道 | トップページ | 統一地方選と専用軌道 »

2011年4月13日 (水)

緑の中をいく

最近少々睡眠不足です。午前様に5時半起きが続いています。一日があと3時間ほど長ければいいなと言う気がします。やりたいこと、やらなければならないことが手つかずのままたまっている感じです。仕事の方は充実しているのですが、趣味の方がいまひとつ。時間をどうにか捻出する必要があります。

鹿児島市電専用軌道の第2回目です。南鹿児島方面から9500形がやってきました。800形の台車や機器を用いた車体更新車。もっとも台車は800形時代にオリジナルのものを新しいものに取り替えていました。

景気低迷により広告需要が減ったためオリジナル塗装が増え、風景によくなじみます。広告収入の減少は交通局にとっては痛手ですが、落ち着いた塗色は都市空間の質を高めてくれます。

Dsc_0533

|

« 鹿児島市電の専用軌道 | トップページ | 統一地方選と専用軌道 »

路面電車」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。添付の「市電・谷山線」お写真、おそらく今春移転してきた某大学の麓辺りでの撮影と存じますが同じ場所で同じ車輛を撮っているのにレベルの違いが明らかです。キャリアと感性が段違いと言えばソレまでですが元々JR列車撮影のトレーニングにと市電様をナメてきたのも1ツの要因でしょうか。バス撮影の想定外な難しさを痛感し公園の鳥さんも「撮り」の奥深さを探鳩せよと諭します。デジタルの気楽さに胡座を掻き『被写体と真摯に向き合う』という原点を忘れかけていたと反省中です。奮起して遂に「ニコン機」を入手しました、エヘ1眼タイプは十年早いとコンデジです。2年落ちの中古ですがデザインが好きだったクール君、コロッケの「ロボット・五木ひろし」的な作動音が玉にキズですが少年時代に戻ってスナップしたいと思います。実はCa社のパワー君が1番候補だったのですがスナップ用にしては少しゴツかったので。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年4月14日 (木) 21時25分

新機導入おめでとうございます。また撮影の楽しみが広がりますね。写真のおもしろさは被写体と撮影者の関係性にもあるような気がします。被写体に対する愛情であったり姿勢であったり関わった年数であったり、ありとあらゆるものが写真という一枚の絵の中に集約されてくるような気がします。鉄道にも様々な表情があり、そんな表情を一枚の写真として表現したいという思いが線路際でシャッターを切る動機になっています。とは言ってもなかなか自分の思い通りには表現できません。先輩諸氏の写真を見ながら、まだまだだなあと思っています。

投稿: Nakachan | 2011年4月16日 (土) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑の中をいく:

« 鹿児島市電の専用軌道 | トップページ | 統一地方選と専用軌道 »