« 菜園へ | トップページ | ATCに当てない走り »

2011年5月11日 (水)

子どもの気持ちが

子どもが日記に書くことが見つからないと思案に暮れていることがあります。一日過ごしたんだから何もないことはないだろうと声をかけますが、それでも書き出そうとしません。

今日は、子どもの気持ちが分かる日。毎日何がしらつづっていこうと思っているのですが、書くことがいっこうに見あたらない時もあるものです。「平凡も続ければ非凡になる」という言葉にどこかの本で出会いました。特別なことはできませんが、平凡なことならできそうなので、それを続ける努力だけはしたいと、今日も何のことやら分からない文章をキーボードで打ち込んでいます。何もないからとここで止めてしまうと、そのまま運休、そして廃止となってしまいそうですので…。

写真をあまり撮っていないので、相変わらず鹿児島市電専用軌道の画像が続いています。おいしそうな電車がやってきました。新緑と絡めようと枝から出てきた新しい葉を前ぼけで入れようと思いましたが、うまくいかず中途半端になってしまいました。

Dsc_0610

|

« 菜園へ | トップページ | ATCに当てない走り »

路面電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの気持ちが:

« 菜園へ | トップページ | ATCに当てない走り »