« タイムトンネル | トップページ | 苔むす佐々良トンネル »

2011年6月 4日 (土)

はびこる草木もここまで

今日は、久しぶりに休日らしく家で過ごすことができました。テーブルの上に「積ん読」のようになっていた本を整理。といってもどこへ片付けようかと思案中。整理整頓は永遠の課題のような気がします。

ノートに生活のことなど様々なことを集約して綴っていくライフログ。本の整理中に出てきた息子や娘からもらった手紙を貼り付けておきました。可能な限り一元化して時系列で保管しておくと分類の繁雑さがなく実に気軽です。デジカメで撮った写真もインデックス印刷して貼っておけば、記憶の彼方に消えてしまいそうなこともいつまでも昨日のことのように詳しく振り返ることができ、楽しいものです。

知覧線寄り道記。佐々良トンネルの中から田部田方面を見てみました。草木に覆われ、この先へ進むのは容易ではありません。物理的にも、危害を加えるかもしれない生物の恐怖からも相当の構えがなければ難しそうです。トンネルの中からは外がとても明るく感じるのですが、植物が育つのはトンネルの入り口からほんのわずかなところまで。すぐに植物が育つには条件不足となるようです。廃線跡を自然へ回帰させようとする力もトンネルの中まではさすがに及びません。

Dsc_0398

|

« タイムトンネル | トップページ | 苔むす佐々良トンネル »

南薩鉄道」カテゴリの記事

コメント

この数年、田部田側(養豚場付近)からトンネル入口を垣間見ることすら困難になりました。
画像にある草木が邪魔をしているからに他なりません。
最後に歩いて通り抜けた2005年2月が懐かしいと同時に、何か、ひどく昔の事に思えるのが不思議です。

投稿: hvcc | 2011年6月 4日 (土) 23時47分

地図で確認すると田部田からこの佐々良トンネルまではそんなに距離がないようですね。白川側から入ると結構山の中のような感じがして田部田は遠い印象があります。国鉄志布志線跡が西都城から岩川まで自転車道として整備され、この区間にトンネルこそありませんが結構山の中をゆく部分も出てきます。知覧線も自転車道として整備されていたらおもしろいコースとなっていたかもしれません。

投稿: Nakachan | 2011年6月 6日 (月) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はびこる草木もここまで:

« タイムトンネル | トップページ | 苔むす佐々良トンネル »