« 雷 | トップページ | ユニバース »

2011年6月22日 (水)

ミニオーケストラ

久々に晴れ間が覗き、明るい一日となりました。ただ蒸し暑さだけはいただけませんが、雨が降り続くよりはよほどましです。

午後から音楽会があり、演奏を聴いてきました。地元で一番メジャーな楽団ですが、今日は最小限の16人で構成したミニオーケストラ。それでもやはり生の演奏はいいものです。和音が奏でるハーモニーの響きにうっとりしてきました。

先日はオーディオに凝っている駐在所のお巡りさんが「このCDは音がいいですよ」と言って2枚のCDを貸してくださいました。確かに歯切れの良い音が楽しめるCD、そして低音がぐっと響いてくるCDでありました。

鉄道のサウンドも好きですが、音楽のサウンドも心にぐっと響いてきます。

Dsc_0306

|

« 雷 | トップページ | ユニバース »

その他」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。大雨と雷が続いた毎日も一休み、暫く晴天の予報ですが今日の暑さには参りました。こんな日に限って外回り、カーエアコン自粛の通達も有りふらふらです・本格的な夏場が思いやられます。さて生演奏にしろCDにしろ時折聴く音楽は良いですね、疲れた時に聞くヒーリングやクラシック等は心を揉みほぐしてくれます。ただ音楽趣味も熱中すると「機器にこだわり」相当に散財する様です・高級スピーカーやアンプ、真空管も上級品を集めますと沢山の福沢諭吉氏が飛んで行くとの事。各種カメラに模型・書籍にグッズ、鉄道趣味も(家人からすると)余計な道楽と見なされますが。音楽(オーディオ)趣味も鉄道趣味も男が追求する素敵な道楽だと理解して欲しいモノです。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年6月23日 (木) 01時12分

誠に暑いですね。暑い夏も考えようによっては季節感を楽しめるものだと認識すれば、うまく付き合っていけるのかもしれません。
ローカル線を行く窓を全開にした夏の気動車。駅に停車すればからからというエンジン音と床下から上がってくる熱も持った油の香りと草いきれ。天井ではぐるぐるとぬるい空気をかき回す扇風機。窓の外には目にいたいほどのコントラストをまとった緑、緑、白雲…。ホームを行き来する人の白いシャツもまぶしく感じる夏の駅が一枚の絵のように車窓の額縁に収まっています。こんな暑い夏の日の旅をまたしたい気がします。
さて、件の駐在さんは駐在所隣接の官舎住まいですが、某所にあるご自宅にはかなり凝ったオーディオシステムを構築されているようです。聖徳太子時代からかなりつぎこんでいらっしゃるのではないかと想像しているところです。働いて得たお金をどのように分配し、その中で自分自身の自由になるお金を自分のためにどう生かしていくのか、それはその人の価値観次第。鉄道というコアを自分自身がもてたことは幸せだったと思っています。

投稿: Nakachan | 2011年6月25日 (土) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミニオーケストラ:

« 雷 | トップページ | ユニバース »