« 夜の回送列車 | トップページ | 夏本番 »

2011年6月28日 (火)

梅雨明け

今日は終日研修会。座学での勉強会です。遣唐使や鑑真が訪れた地とのことで窓からの眺めが見事です。話によれば、遣唐使の記録は鑑真が乗ってきた船以外はないそうで、これは意外でした。また、当時の中国の人が描いた地図の複写を見せてもらいました。この地図は実におもしろいもので、この地の複数の港が大きく描かれ、九州の地図の大部分を占めるような地図でした。博多と並ぶような港の扱いに、当時この地がどれだけ重要な役割を担っていたのか伺い知ることができました。

帰りは行きとはコースを変え、海沿いの路を選択しました。梅雨明けしたとのことで、東シナ海の眺望を楽しもうと思ったからです。この辺りは天然の良港が点在するリアス式海岸。レンズをあちこち向けていましたら、ちょうど良いタイミングで2隻の漁船がやってきました。つい先日までの雨が嘘のような抜けるような晴天。焼けるような日差しに夏を感じる一日となりました。

Dsc_0358

|

« 夜の回送列車 | トップページ | 夏本番 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

梅雨明け、早かったですね。
当地は、残念ながら、もう少し先だと思われます。
画像を見て、望郷にも似た思いを強くしているところです。

投稿: hvcc | 2011年6月29日 (水) 06時45分

管理人様、こんばんは。もう一山来ると思っておりましたので気象台からの発表は嬉しいやら何やら。節電対策が途中でしたので急ピッチで実施しています、夜間にエアコンを切り散歩に出掛けるのも妙案と考えましたが残念な事に線路が近場に無いので模型鉄道・列車の速度制限で凌ぐつもりです。室内灯を組み込んだ車両の夏季運休も社内会議にて了承されましたが社長は夜間運転の悦に浸れないと不満な様子、空いた時間は未解明な県内・森林鉄道網の資料作りに充てる予定です。今更ですが本当に鉄道が好きな人間は同時に地図鑑賞も好きではないかと思います、明治・大正・昭和の古地図は何回見ても飽きる事が有りません。歴史も嫌いではありません、管理人様は如何ですか?。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年6月29日 (水) 22時31分

hvcc様、こんばんは。
からっと晴れてこれぞ梅雨明けの空だといわんばかりの晴天に恵まれました。この日の夕陽はそざかし綺麗だったろうと思うのですが、所用がありそのときを待たすにこの地を去りました。

夢幻鉄道様、こんばんは。
充実した趣味生活を送っていらっしゃいますね。弊鉄道の車両達は、かわいそうに博物館状態が続いています。たまには引っ張り出して軽い運動をさせてあげなくてはなりません。森林鉄道網の資料作りや地図鑑賞など聞いただけで血が騒ぎます。いろいろされているんですね。歴史はきらいではありませんが、どうも人物と年代を覚えるのが苦手です。産業関係の歴史は大好きですけど…。

投稿: Nakachan | 2011年6月30日 (木) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明け:

« 夜の回送列車 | トップページ | 夏本番 »