« ヒラズゲンセイ | トップページ | 納涼船 »

2011年7月24日 (日)

アナログ放送終了

 アナログ放送が終了しました。ある意味、歴史的な日であります。デジタルの計り知れない恩恵は認めつつも、また一つ大切なものを歴史の中に置いてきてしまったような寂しさもあります。0と1の世界であるデジタルは果たして人間社会になじむのか。CDではなくレコードの音のよさに魅力を感じる人もいます。デジタル信号化されていない連続した音源故なのでしょうか。果たしてデジタルはこれから先、人間社会をどのように変えていくのか。物事には必ず表と裏があります。その両方に目を向けながら「人間社会を真に豊かにする技術とは」という視点で見つめていく必要があります。デジタルのよさを生かす部分、アナログの良さを生かす部分、そのバランスが肝要。
 これを機会にテレビとお別れする人もいると聞きます。有益な番組も中にはあるのですが、バラエティ番組が多すぎ、番組の質が今ひとつのような気がします。視聴者には選択する権利がありますので、放送局の方ではそう判断すれば見なければよいという論理もあるかとは思います。安い制作費で視聴率をかせげる番組づくりは企業として生き残る手段かもしれません。しかし、テレビの社会的影響力の大きさを考えれば、安易に視聴率ばかりに偏った番組づくりを続けていけば、国の文化水準を下げ、国益を大きく損なうことにもつながると思います。

|

« ヒラズゲンセイ | トップページ | 納涼船 »

その他」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。最近見るTV番組は大河ドラマと三宅先生が出演されている大阪ローカルの時事討論番組ぐらいです。「ユーチューブ」の【前面展望】鉄道投稿の方が面白く特に大事故や事件が無い限り社会情勢は新聞紙面からで賄えます。さて鹿児島の民放局・第一号として地域密着の独自番組を提供しているM局、その城山送信所がアナログ放送と共に役目を終えるそうです。公共放送局の塔と並んで昭和・平成の時代を歩んできた鉄塔、幼少期より間近で見て来た身には故郷の原風景で有りますから行末が心配。万が一に備えて写真を撮りに行こうと考えています、完成は東京タワーやボンネット特急「こだま」号と同じとの事ですから還暦目前。出来得るコトならば鹿児島の情報文化遺産として保存して欲しいと思います、国道3号線沿いの借家から見る夜の赤い標識灯は美しく憧れの情景でしたから。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年7月26日 (火) 00時30分

城山にある電波塔が役割を終えることは知りませんでした。当たり前の風景として目に馴染んできただけに、用途廃止後の扱いが気になります。小学校の時、遠方凝視訓練なるものがあり、まっすぐ伸ばした腕の先の指と遠くにある電波塔を交互に凝視するものでした。

投稿: Nakachan | 2011年7月26日 (火) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログ放送終了:

« ヒラズゲンセイ | トップページ | 納涼船 »