« 納涼船 | トップページ | 発売延期 »

2011年7月26日 (火)

事故車両を埋める

中国の高速鉄道追突事故。最新の技術が導入されているはずの高速鉄道でまさかのあってはならない形態の事故。列車同士の正面衝突や追突事故は最も避けなければならない重大事故です。それでも十分に驚いたのですが、その先頭車両を重機で破壊して埋めたという信じられない処置、そして2日目には現場での運行を再開してしまったという性急さには、それ以上の驚きがありました。事故調査は事実と物証の地道な分析によって行われるものです。大切な物証を破壊して埋めてしまうなど、あまりの蛮行に言葉もありません。これにより中国の高速鉄道は世界で最も危険な乗り物として認知されることになろうことに当局の人たちは考えが及ばないのでしょうか。失敗を失敗として謙虚に認めず、生かすこともなくすぐさま消し去り、なかったことにしてしまうようなやり方にはあきれてしまいます。このままでは、第2、第3の事故が懸念されます。

|

« 納涼船 | トップページ | 発売延期 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。「納涼船」に「ビール電車」当方も縁が有りません、後者は車窓を眺められるカウンターも付いていますので観光用にも活用出来そうです。さて隣国での高速鉄道事故は発生以降に伝わってくる情報に仰天、臭いモノには蓋をする蛮行には呆れるばかりです。先日米国アップル社の製品を無認可で販売している店に日本のメディアが取材に訪れると血相を変えた女性スタッフが顧問弁護士を名乗る男性を伴い猛抗議。その弁護士は「販売の認可は関係当局から得ている、米国の法律は我が国では何の正当性も無い」とシタリ顔。金儲けの為なら手段を選ばないのが昔からの中華商法とは申せ鉄道事故のお粗末な事後処理と共に国際的なマナーとルールへの認識が根本から間違っている様です。高い文化と(少数派の)知性人を持っているだけに残念な強勢大国、政治体制次第では将軍様国家の息の根も止められるだけに一般市民や若者達の奮起(大規模蜂起)を僅かばかり期待しておりますが。我が国の現状・政府の有様では対外対応等に不安でコチラも問題が山積、私達・日本人も奮起すべきなのかも知れません。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年7月27日 (水) 00時34分

昔、日本人がエコノミックアニマルと称され、揶揄されていた頃がありました。経済発展著しい日本に対するやっかみもあったのかなと思います。あまり有り難くない見方をされていました。 しかし、経済発展の象徴でもあった日本の新幹線は今日まで乗客の死亡者ゼロ。エコノミックアニマルと称されながらも日本人はまじめに物事に取り組み、着実な発展を果たし、今の日本を築いてきました。日本の鉄道の安全性と正確さは特筆に値する誇るべきもので、日本の国民性の象徴のようなものではないでしょうか。とは言いつつ、現在の日本社会は先の見えない迷走状態。優れたリーダー出現による舵取りは待ったなしの状態です。

投稿: Nakachan | 2011年7月27日 (水) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事故車両を埋める:

« 納涼船 | トップページ | 発売延期 »