« 学校が消える | トップページ | さるさる日記やーい »

2011年7月18日 (月)

感動をありがとう

こんなドラマチックなことがあるんですね。人間と人間があらん限りの力を振り絞って真っ向から挑むスポーツの世界。見る者を魅了してやみません。日本時間早朝に行われたサッカー女子ワールドカップ決勝戦。圧倒的な攻撃力で迫ってくるアメリカ、前半の怒濤の攻撃に勝負があったかのようにも思えました。しかし、小振りの日本チームは真面目に丁寧に試合を組み立て、ついには運も引き込んで同点。延長戦でも執念の同点劇。PK戦での落ち着きは、何らかの悟りの境地に達してのではないかと思えるようなものでした。選手や監督のインタビューからも謙虚なものを感じました。

日本人のよさが試合の展開によく現れていたように思えました。決して派手ではないけれども、物事に真面目に謙虚に取り組んでいくその姿勢が最終的には大きな力を発揮するということを。その姿は多くの日本人、そして他国の人たちの心を捉えたと思います。大きな試練に立つ現在の日本、直接間接にこのようなよさを互いに発揮していけば、この試練をバネに大きく飛躍することができるのではないかと思います。

感動をありがとう。

|

« 学校が消える | トップページ | さるさる日記やーい »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動をありがとう:

« 学校が消える | トップページ | さるさる日記やーい »