« EF81450番台 | トップページ | ED76 »

2011年8月30日 (火)

出区を待つ817系

今年はツクツクボウシが鳴き始めるのが遅かったように思います。それだけ残暑が厳しいということなのでしょうか。それでも辺りが闇に包まれる頃になるとコオロギなどの虫の音に秋の訪れを感じます。先日、出水市六月田下自治会でのエコを取材した取組が放送されました。小さな自治会での取組、素晴らしいものでした。つまらない番組の垂れ流しには困りますが、このような番組は良識ある放送として大歓迎です。私たち一人一人がもっと無駄や贅沢を見直し、エネルギーや資源を大切に扱おうという意識をもったなら、必要なエネルギーや資源は相当減らすことができそうです。集落の人々の取組を見た後、自分の生活の周辺を見つめてみると結構無駄遣いしていることに気付かされました。この小さな集落での取組が大きな話題を呼び、大きなうねりとして広がっていくといいなと思います。

写真は先日の散歩写真。出区を待つ817系です。昔?はこの場所にはいつも気動車が止まっており、長時間からからからとアイドリングをしていましたが、いつの頃からか無駄なアイドリングは控えるようになりました。その分、操車場が静かになったような気がします。

Dsc_0098

|

« EF81450番台 | トップページ | ED76 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。先日ライフワークにしている谷山地区鉄道高架化工事の様子を見て参りました。谷山駅構内での準備工事が少しずつ進められており関係する周辺家屋の解体が着実に進捗、年内には永田川の架設橋梁工事も始まる様です。慈眼寺駅付近へ行きスナップしていましたら赤トンボさん達が集団飛行、晩夏の到来を感じました。さて管理人様の夜間撮影フォト、コチラのブログにコメントさせて頂く以前より感服脱帽しております。幾多の作品の中でも82系健在当時に撮影されたDC列車の整列写真、写り込んでいる車種も沙流ことながら夜間の「えもいわれぬ」静寂とエンジン胎動のバランスが絶妙。水銀灯に照らし出される車輛が艶っぽく見えて興奮致します。何時かは小生も万分のイチでも近ずける夜の鉄道情景を撮れる様、精進して参りたい所存です。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年8月31日 (水) 22時55分

谷山地区も大きく変わろうとしているのですね。変遷の記録は貴重なものとなりそうです。一人の人間が一生のうちに実際に目にすることができる変化を考えるに、世の中というものはかなりの速度感をもって変わりゆくことに改めて驚かされます。今現在の風景もあと数十年すれば懐かしいセピア色の風景となるのでしょうか。そう思うと今私たちが目にする何気ない風景も愛おしくなってきます。夜間の写真の透明感というか空気感が好きで、自分でも撮ってみたいと思っていました。露出をどうすればよいのか、これが最大の難問。ちょうどこの頃、初めて自分用の一眼レフを買ってもらえることになり、オリンパスOM2を購入。最大のポイントはTTLダイレクト測光。フィルム面に反射する今正に露光中の光を測光して露出が決まります。最大露光時間は120秒。バルブ撮影がAEでできるカメラでした。AEでも撮りましたが、F8の20秒などマニュアル設定をし結果はラボから上がってきて分かるという撮影も多くしました。今のようにすぐに結果が分かる時代ではなかったので、それだけにラボから上がってくるのが楽しみでもありました。昼間の一瞬を切り取る写真と違い、対象とじっくり対峙し、一瞬ではなくあるスパンのある時間をじっくり写し込むという撮影にはまた違った味わいがあるように思います。

投稿: Nakachan | 2011年9月 1日 (木) 19時07分

Hello there! I could have sworn I’ve been to this weblog ahead of but right after searching via many of the submit I recognized it is new to me. Anyways, I’m surely delighted I discovered it and I’ll be book-marking and checking again often!

投稿: diablo 3 | 2011年9月13日 (火) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出区を待つ817系:

« EF81450番台 | トップページ | ED76 »