« ワム60000? | トップページ | 古民家解体作業中 »

2011年8月 4日 (木)

発電所を訪ねて

この夏は発電所巡りをしています。福島第一原子力発電所の事故を受け、日本の電力政策が大きな転換点を迎えています。空気のように当たり前に消費していた電力。これまで詳しく知る努力はしてきませんでした。原発全廃に傾く世論。原発反対を訴えるためには、その代案をもっていなければなりません。

今日は一ツ瀬ダム発電所と小丸川揚水発電所の資料館に行ってきました。ここではそれぞれの発電の基礎基本的なことを学ぶことができます。ひとつひとつ丁寧に資料を見ていくと、初めて知るようなことがたくさんあります。道すがら発電所や送電線が目にとまるようになってきました。知るとこれまで見過ごしていたいろいろなことが見えるようになってきます。

写真は一ツ瀬ダム下流の発電所までの間の流れ。発電のために水は導水管を流れているため、流れる水に勢いはありません。この上流では、これだけの深い谷を埋める水が満水状態でたたえられています。そのスケールに圧倒されます。

Dsc_0591_s

|

« ワム60000? | トップページ | 古民家解体作業中 »

その他」カテゴリの記事

コメント

管理人様
お久しぶりです。
その節はお世話になりました。

水力発電所といえば、知覧線の小野の先の鉄橋の下の川(厚地川)と道路に沿って流れている川(麓川)の合流するところあたりに、麓川を分岐させて発電所を作っているのが地図では確認できますが、今でもあるのでしょうか。知覧線の当初の計画では田部田駅を山側の勾配区間に設けて、そのまま川を渡り、上記の川の合流部分に短絡させる予定だったのですが、発電所の存在も路線変更を強いられた一つの理由であったといいます。今も稼動しておれば、少なくとも昭和初期から続いている水力発電所だと思われます。

投稿: なんさってっとう | 2011年8月 5日 (金) 01時59分

こちらこそお世話になっております。発電所の存在、どうでしょうか。現存するのか興味があるところです。古い水力発電所は現在でもあちらこちらで稼働していますので、現役である可能性もあります。今度、近くを通った際に確認してみたいと思います。また、楽しみがひとつ増えました。知覧線の計画に影響を与えたとなるとなおさらです。

投稿: Nakachan | 2011年8月 6日 (土) 08時57分

管理人様

大正14年1月末の時点で、発電所建設の計画段階で、実際は昭和初期に建設されたものと思います。現在の地形図では確認できますが、現物を見てみたいものです。麓川をさらに分岐させるわけですから、家1件程度の大きさの小さな発電設備ではないでしょうか。落差が堰程度の非常に小さいものなので、水の速度(衝動力)には期待できず、水圧(反動力)を利用した小さな水車(カプラン水車)と思われます。本来単純な構造なので現存しておれば中のユニットは変電部分以外はあまり更新されていない可能性もあります。

投稿: なんさってっとう | 2011年8月 7日 (日) 01時28分

私も地形図を確認してみました。それらしいものがあり、是非見てみたいものだと思いました。水の速度と圧力、それに見合った水車構造など、興味がそそられます。

投稿: Nakachan | 2011年8月 7日 (日) 09時04分

手元にあった小冊子「かごしまの電力2010-2011」(九州電力)の鹿児島管内主要供給設備(平成22年3月末現在)に麓川水力発電所が記載されていました。出力200kw。ちなみに万之瀬川水力発電所は5000kw、大田発電所は550kwと記されています。小さいながら稼動しているようです。

投稿: Nakachan | 2011年8月 7日 (日) 11時30分

管理人様

稼働中というのは嬉しいですね。建屋が古いことを期待しています。水量がさらに少ないので、カプランではなく、麓川もフランシスと思われます。わずか200kWでもほとんどタダで発電できるというのは貴重です。当時は電気をどのように使っていたのでしょうか。電灯(明治期には電力会社の社名もこのように呼ばれていたのはよく目にします)以外にはなかなか思いつきません。

投稿: なんさってっとう | 2011年8月 7日 (日) 12時08分

管理人様

インタネットで調べると麓川は1920年に運用開始とあり、薩南中央鉄道の路線変更の検討時にはすでに稼働中ということになります。大正14年の記録内容と矛盾するわけで、よほど大規模な発電所であれば拡張予定なども考えられますが、小さな設備なのでこの可能性はありません。また小さな発電所であれば、これを避けることは容易なはずで、路線変更の理由の一つとしては不自然に思われます。理由などはいろいろな政治がらみで表向きは適当なものが列挙されていたのかもしれません。

投稿: なんさってっとう | 2011年8月 7日 (日) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発電所を訪ねて:

« ワム60000? | トップページ | 古民家解体作業中 »