« モハ484 | トップページ | 2両目のJR貨物オリジナル機 »

2011年8月26日 (金)

モノトーンの485系

夕方から集まりがありバーベキュー。大人数でのバーベキューにて食材の分量が当初の予想と外れたらしく、残った肉がどんどん回ってきます。焼き肉消化班と化した我がテーブルではこれでもかというくらいの大盤振る舞い。おいしい焼き肉もここまでくるともういいと言いたくなります。無事に大役?を皆で果たしてバーベキュー終了。その後もいろいろなお楽しみが続きました。

またまたこの間の散歩写真。光を失った485系、夜ともなると真っ赤なコスチュームは封印されてしまいます。

Dsc_0096_2

|

« モハ484 | トップページ | 2両目のJR貨物オリジナル機 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。鉄F誌の通巻100号が百円スタートの競りに賭けられていると聞き泡良くば区切りの蔵書が全て揃うぞと適当な金額で入札。かなりの高値になるものと気持ち半分で瑣事をこなしていましたら「落札しました」の報、Nの2軸貨車よりも安値。拍子抜けして嬉しいやら何とやら、コレも鉄道愛好層の若年層不足ゆえでしょうか。さて昨年来デジタル1眼を2機潰し、修理見積もりにビックリ・さりとて撮りたい欲望は抑え難し。すると某テツ関連の師匠が2年落ちのコンデジは要らないかとの仰せ、断る理由はなくニコ社製造の小型機を入手。本当はキャ社製を試してみたかったのですが車に常時置いて半年余り、予想外に便利です。2Lを超えるプリント画質はソレなりでノイズも光量が足りないと出てきますがパソコン画面で見る分には何の不足もありません。予備の電池さえ携帯しておけば街で見かけた少し気になる看板や川面で戯れる鳥さん達。1眼ではまず撮らない被写体も気軽に、何より小さな写欲を満たせるのが魅力的。ただ高速走行のJR電車やノイズが出やすい望遠側ズームが欠点みたいです。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年8月28日 (日) 01時05分

F誌の落札価格、拍子抜けだったようですね。貴重な書籍が安価にて手に入ることは有り難いことです。コンデジの機動性は捨てがたいですね。コンデジを手にしてしまうと、普段の撮影はすべてそちらにて済ませてしまいそうな気がしてどちらがメインなんだか分からなくなるような…。カタログを見てみると、その機能といい画質といい携帯性や機動性を考えると使い方によっては総合的にこちらに軍配が上がりそうな気も。(あくまでもお手軽写真に甘んじている私から見てですが)

投稿: Nakachan | 2011年8月28日 (日) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モノトーンの485系:

« モハ484 | トップページ | 2両目のJR貨物オリジナル機 »