« モノトーンの485系 | トップページ | 300000キロ »

2011年8月27日 (土)

2両目のJR貨物オリジナル機

午後は市主催のフェアに行ってきました。暑いことこの上ない日。ホールの冷房は心地よく、始まる30分以上前には着席して読みかけの本を楽しむことにしました。しかし、耳から否応なしに入ってくるのは繰り返し流される市民歌。BGMというにはあまりにも押しつけがましい音量に辟易、以前も同じようなことがあったので市主催の行事ではいつもこのようにしているのかもしれません。市民歌浸透の目的は分からないでもありませんが、一方的に同じ曲を延々と繰り返して垂れ流しすることにセンスを疑います。フェアの内容自体はとてもよかっただけに改善を求めたい点です。アンケートがありましたので、その旨記入してきました。

発売日直前で突然発売が延期されたトミックスのEH500(2次形)が甲種回送されてきました。弊鉄道では2両目となるJR貨物オリジナル機。

Dsc_0102

|

« モノトーンの485系 | トップページ | 300000キロ »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2両目のJR貨物オリジナル機:

« モノトーンの485系 | トップページ | 300000キロ »