« 2両目のJR貨物オリジナル機 | トップページ | EF81450番台 »

2011年8月28日 (日)

300000キロ

棚に押し込んでいたCDを整理して並べ直してみました。どうも転勤続きの仮住まいでは荷造り荷ほどきの連続で、落ち着きません。CDは箱から出してとりあえず並べただけでジャンルも作曲家などもばらばら。まだ整理率20パーセントぐらいですが、それでもすっきりしました。はやり整理整頓は大事だと棚を眺めながら思います。

今日、車の距離計が全部一斉に回転し、300000キロに達しました。ここまで15年と5ヶ月。よく頑張って走ってくれています。

Dsc_0109

|

« 2両目のJR貨物オリジナル機 | トップページ | EF81450番台 »

その他」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。【30万キロ】凄い数字ですね、これも一重に日頃の安全運行と愛情整備の賜物と存じ上げます。クルマも鉄道車輛も大事に扱いメンテナンスをすれば膨大な距離を走る事が出来る訳ですから要は保有管理する人の心次第。最近やたらに大きいだけの飛行機発着船を人民の税金で国産?否、パクリ!した赤い共和国政府には真似のできない「積み重ね」です。当邦の小鳩党も何やら内戦勃発とか、次期総理の辞めるが早いか・カダフィ潜伏の見つかるが早いか。閑話休題、管理人様の愛車が御月様に到達するまで残り約8万キロ・思えば直近の天体まで遥かな距離があるのですね。降り立つとしたら『やはり』静かの海でしょうか。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年8月29日 (月) 01時02分

新車納入のときを思い出してしまいます。ここまで付き合う車になるとは思ってもみませんでした。これまでの車と違い、鉄道車両的な強固な造りに頼もしさを感じ、とことん乗ってしまおうという気概も生まれました。高度成長期から使い捨てというとんでもない言葉が成長のひとつの象徴として登場しました。しかし、物を慈しみ、ともに人生を歩んでいくとき、そこには物を超えた何かを感じることが出来るような気がします。政治についてはあまりよく分かりませんが、もう少し地に足を着けた着実な歩みをして欲しいと思います。政治の目的を今一度見つめ、真の意味での我が国の未来を真剣に舵取りして欲しいと願っています。

投稿: Nakachan | 2011年8月29日 (月) 22時15分

古い車を大切に愛用されている貴兄に、敬意を表します。

30万キロという数字は、半端じゃないですね。
私が20年で手放した同系列車は、その半分でしたから…。
勤務地の関係や、ご子息の関係、趣味の関係などで、最大限に利用された結果だと思います。

投稿: hvcc | 2011年9月 2日 (金) 05時58分

勤務地の関係が大きいと思います。最初の8年間は片道20キロの通勤、単身赴任後は通勤では車は使いませんが、それでも赴任地から自宅までの距離はそれぞれ片道120キロ、60キロ、55キロとなり、行ったり来たりしているうちに距離計の数字が上がりました。趣味で活用するために選んだ車種でしたが、所期の目的で使用したのはほんのわずかという始末でした。セダンから乗り換えたとき鉄道車両のように頑丈そうだなという印象を受けました。15年経った今でもワイパー以外は錆もなく、維持費はかかりますがもう少し走れそうです。

投稿: Nakachan | 2011年9月 3日 (土) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 300000キロ:

« 2両目のJR貨物オリジナル機 | トップページ | EF81450番台 »