« 超合金シリーズ0系 | トップページ | スハ44系 »

2011年8月20日 (土)

大花火大会

今日は錦江湾サマーナイト大花火大会。今年で11回目になるそうです。1万4000発の花火、多くの人たちが夏の夜を楽しんだことと思います。日豊線沿線に住んでいた頃、サマーナイト大花火大会がある日は、乗客を満載した臨時列車を見るのが楽しみでした。最近では、どんな臨時列車が走っているのでしょうか。興味深いところです。

会場に行ってみたいと思いつつ、第1回を見たきりです。もう10年前になるんですね。今年も自宅から山越しに時々見える花火を楽しむにとどまりました。この山がなければ桜島も花火もよく見えるのですが…。

Dsc_0066_s

Dsc_0070_s

|

« 超合金シリーズ0系 | トップページ | スハ44系 »

その他」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。鹿児島は大花火大会、某キー局は24時間TV・恒例行事が終わると子供達の夏休みも終盤。始業式の朝まで徹夜突貫で工作課題を造りフィクションだらけの日記を書いた苦い記憶が蘇ります。さて以前見逃していた「世界遺産に鉄道模型で挑戦」を視聴『4人の匠』諸氏が積み重ねた経験と古典的からCGまで持てる技術を駆使して創りあげた欧州古都のジオラマは感服脱帽作品。現地取材に基づき車輌から建物、森林の濃淡まで妥協を許さない器用さと集中力で道具を握る姿に圧倒されっ放し。何かと相談を聞いて教示下さる模型の師匠がおります、ブラスキットのN蒸機を月産3両組み立て仕上げられる大先輩ですが匠諸氏と同じ事を言われます「まだまだ挑戦を続けたい」。作業台の上に放置したままの宿題モデル達、やる気は有るけど道具が足りない・いいえ違います時間は有るのに撮影ばかり。涼しくなったら机に向かう【つもり】です・小学生時分から何ら進歩がありません。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年8月21日 (日) 22時16分

「世界遺産に鉄道模型で挑戦」の素晴らしい技と仕上がりは感動ものです。対象を見る観察眼、それを模型という制約の中にうまく取り入れる構成力、そしてリアルに再現する技法とセンス、すごいなと思います。夢幻鉄道様には模型のお師匠様がいらっしゃるんですね。ブラスキットのN蒸機月産3両には恐れ入ります。私も、ずっとひきずったままの宿題に早めに取りかかりたいと思います。

投稿: Nakachan | 2011年8月23日 (火) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大花火大会:

« 超合金シリーズ0系 | トップページ | スハ44系 »