« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

飲み会

職場を中途退職する職員の送別会に行ってきました。古民家を移築した風情のある居酒屋。黒々とした柱や梁、調度類が田舎の家にいるようで心地く感じました。コースの料理ですが、一般の居酒屋とは違う個性あるもので、生ビールも含めた飲み放題で3500円。生ビールも好みに合わせて5種類ほどの中から選ぶことができます。これで3500円は安い。もし、これが都会の真ん中だったらいくら取られることでしょう。生ビールを4杯と焼酎も飲みました。生ビール600円としてもそれだけで普通だったら2400円。

田舎の土地の安さは都市部の土地の値段に慣れた者には、桁が違うんじゃないのというような嘘のような数字に感じられます。一戸建てを新築する場合、家屋にその資金のかなりの部分を回すことができます。

都市の生活も魅力的ですが、田舎に暮らすようになって田舎の魅力も大いにありと、年齢とともに感じています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

今日の鉄分

今日の鉄分はNEKO PUBLISHINGの国鉄時代vol.27の付録DVD鑑賞。「国鉄時代」は創刊号から毎号購入しています。記事もさることながら付録のDVDが毎回楽しみです。個人が趣味で撮影した蒸気機関車を中心とした国鉄時代の8㎜などの動画ですが、撮っている人は結構いらっしゃるものなんですね。時代が時代だけにどれだけDVD化する映像が集まるものだろうかと創刊時には思っていました。このようにして個人の貴重な財産を共有し、後世に残せることは大いに価値のあることだと思います。この「国鉄時代」は情報誌にとどまらず、そのような意味でも存在価値のある書籍だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

スタートが肝心

今日は日中少々暑くなりましたが、それでも随分と涼しくなりました。仕事はスタートが肝心とばかりに、最近スタートダッシュを心掛けるようになりました。スタートをしくじると一日だらだらとした気分になり、能率が下がります。始業時刻より随分早く職場に着きます。これまで始業まではメインとなるような仕事はしていなかったのですが、努めてどんどん取りかかるようにしました。脳からドーパミンが出るのでしょうか、その後は好循環で仕事が回ります。手帳に記したリストもどんどん消されるようになりました。気分転換は別の質の違う仕事をすること。

気分良く仕事を終えて帰宅するとまず手回しオルゴール。鉄道オルゴールは正に癒しの音です。疲れもすうっと去っていくような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

普通列車のDVD

夕食時、酒の肴に「普通客車列車」のDVDを見てみました。これは末期の普通客車列車を取り扱ったもので、出てくる車両は50系や12系がほとんど。12系が新製されたときその洗練された好ましい姿を格好良く思ったものです。6両基本で6両編成か12両編成で運転されるのが普通でした。万博輸送が大きな目的でしたから当初は団体列車や臨時列車に使われることが多く、あまり縁のある車両ではありませんでした。

DVDに出てくる12系は帯が消され短編成化された少々くたびれた姿。それまでの旧型客車を置き換えたわけですから乗客にとっては冷房化などサービス向上といったとろですが、デビュー当時の姿を知るものから見ると複雑な心境になります。

50系もデビュー当時は長編製を組んでの運用が多かったと思いますが、DVDに出てくる姿は3両編成や2両編成というものもあり、それを電気機関車が牽引しています。資金不足の模型鉄道のような光景。電車化や気動車化までの過渡的な姿とはいえ、乗客の数が減ってしまったことを如実に表しているものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

古い時刻表

工作用に使っているテーブル横に置いてある塗料などが入った箱がいくつかありましたので、整理しました。これで少しすっきりとなりました。また、本が入った段ボールも一つ整理しました。その中から一冊の時刻表が出てきました。

<国鉄監修>交通公社の中国九州篇時刻表、1974年5月号のもので価格200円。ページをめくると正にタイムスリップ。大隅線のページには「急行しいば」の文字が…。別府を8:00に発車する西鹿児島・鹿屋行き「急行しいば」1号は宮崎で分割、一足先に鹿屋行きが発車。鹿屋には14:38の到着。折り返しの「急行しいば2号」は15:11に発車、別府には21:49の到着とあります。その他、今となっては涙ものの列車がずらり。

おいしいお酒を飲みながら肴にするには贅沢すぎる内容です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

懇親会

秋はよい季節ですが、休みの度に運動会などの行事が入り、自分の自由になる時間が取れません。今日も朝から運動会、夜は懇親会にも参加したものですから運動会三昧の一日となりました。

懇親会に参加するとその人となりとかコミュニケーションの力とか礼儀とか、酔えば酔うほど現れてくるような気がします。楽しく語り合える人あれば話すほどに不愉快になる人、前者でありたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

今日の鉄分

久々に自転車をこいできました。長く乗っていなかったので空気が少々抜けていました。自転車本体に常備している小型空気入れで補充。夕暮れの空や海を眺めながら走ってきました。秋めいた空気が心地よく、やはり自然の中を走り抜けるのは気持ちがいいものです。

アキアカネの群れの中を何度となく通り過ぎました。トンボは複眼でよく見えていると思いきや、何度も衝突してきました。かさっという軽い感覚とともにぶつかってきます。これでは車に衝突されるのも無理ありません。

今日の鉄分はコンテナへのトップコート。つや消しのトップコートを吹き付けたところ化粧の乱れやてかりは落ち着いたような気がします。といっても遠目にはよいのですが、近くで光に当てると少々肌荒れ状態。習作ということで犠牲になったコンテナたちには勘弁してもらいたいと思います。

配送手違いのオルゴールが届きました。送れて届いたのはハイケンスのセレナーデ。寝台特急をはじめとする客車で用いられていたオルゴールです。3種の中でハイケンスのセレナーデが一番実物の音質に近く感じられます。鉄道唱歌の手回しクランクがスムーズでなかったのですが、取り付けビスを調整したらなめらかに動くようになりました。

Dsc_0363

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

オルゴール

台風一過、抜けるような青空が広がりました。一気に秋めいて気温もぐっと下がりました。行楽日和といきたいところですが、バルコニーに積もった桜島の降灰の除去作業を行いました。2時間ほどかかりました。あちこちに集めた灰で円錐形のミニ桜島ができました。集めた灰は鹿児島市が配布する克灰袋12袋分。苦労の甲斐あり、随分きれいになりました。それにしてもここだけで12袋分。どれだけの灰を噴出しているのでしょうか。作業の間に787系きりしまや40系はやとの風が行き交う姿を見ることが出来ました。

国鉄時代の車内放送のオルゴールが届きました。榎屋が作っている手回し式のオルゴール。某オルゴール店に注文したのですが、3つ入っているはずのオルゴールが2つしか入っていませんでした。問い合わせたところ発送作業の手違いがあり、すぐに発送するとのことでした。早いもので明日には届くそうです。

無垢材でつくられたパッケージは丁寧な仕上げで、手回しすると懐かしいオルゴール音とともに外板が共鳴しているのが手に伝わってきます。アナログ音はやはりいいものです。あの頃の音を再現するためには、手回しの回転を安定させる必要があります。速さと安定、ある程度の習熟が必要なようです。しかし、自分自身とオルゴールの一体感は手回しならでは。

Dsc_0361

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

怒濤のコンビニ出店

自宅近くにセブンイレブンが開店しました。鹿児島参入が始まってから怒濤の勢いでの出店。参入当時の新聞に出店計画が示されており、その数字に驚きました。短期間のうちにこれだけの店を開けるのだろうかと正直思いました。

県内を車で走るとあそこにもここにもといった感じでセブンイレブンが開店していたり、開店準備だったり。出店計画に一度驚き、そして実際の出店ラッシュに二度驚きました。

最初にコンビニができたときには、確かに便利ではあるけれどもスーパーほど品揃えが豊富にあるわけでもなく、安いわけでもなく、商売が成り立つのだろうかと思いました。駅のキヨスクが大きくなったような店のように感じましたが、果たして既存スーパーと戦えるのか。

消費者のニーズをつかむ力はすごいものです。それを通り越し、新たな需要を発掘しています。複数のコンビニが競争しながらどのように成長していくのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

片づけ指南本

引っ越しをする度に詰め込んだ段ボールの多さに驚いてしまいます。中には開かないまま次の引っ越し先へというものもあり、引っ越しをする度に増えているのかもしれません。

整理整頓法の本をいくつか読んでみました。しかし、参考にはなるものの劇的には変化なし。1週間ほど前の新聞に「人生がときめく片づけの魔法」という本の広告が出ていました。著者は近藤麻理恵さん。レビューを読み、ちょっと興味が出てきたので早速書店で購入し読んでみました。

一貫しているのは自分にときめきを感じないものはあっさり捨てること。自分自身とりあえず取っておこうとか、いつか使うかもしれないという考えから、いらないものを多く持っていることに気づかされました。そう思いながらもう何年も用無しのものばかり。

捨てるに忍びないものもありますが、ものへの向き合い方も指南。なるほどと思う内容でした。だらだらとものを持ち続けることは、ものを生かしているようで生かしていないことにも気づかされました。

捨てることは、自分にとって本当に大切で必要なもの、豊かにしてくれるものに焦点を当てる作業なのだと思います。

手始めに職場のデスクで試してみました。新しい視点で眺めてみると引き出しにはいらないものばかり。見違えるようにすっきりとなり、仕事への気持ちも変わったような気がします。

Dsc_0360

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

オルゴール

国鉄時代の旅の象徴とも言える案内放送のオルゴール。客車列車で聞かれたハイケンスのセレナーデ、気動車で聞かれたアルプスの牧場、特急電車で聞かれた鉄道唱歌。鉄道ファンならずともあの頃へのタイムスリップを誘ってくれる音です。

榎屋というところからそれぞれ手動式オルゴールとして製品化されていることを知りました。ハイケンスのセレナーデについてはボタンにより自動演奏(電池式)してくれるものも製品化されています。

ずっと以前から欲しいと思っていた鉄道オルゴール。衝動買いというか、待ってました買いで手動式(手回し式)を3種類注文してしまいました。HPで製品の音を聞いてみましたが、正にあの音です。鉄道唱歌については実物の23弁式から手回し式用の18弁式にアレンジしていますので若干実物とは音が違いますが、雰囲気はよく出ています。榎屋のHPによると鉄道唱歌については自動演奏タイプで23弁式を企画中とのことです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

扉にさび

自治会の敬老会があり、昼間からお酒が入りました。ここの自治会の対象年齢は75歳以上で19名いるのだそうです。出席者はそのうち7名でした。高齢になっても元気でいられるのは有り難いことです。

子どもたちや大人の踊りの披露があったりカラオケがあったりで3時間弱の時間、地域の人たちで長寿を祝いました。地方の絆の強さを感じたひとときでした。

昼間から飲むとどうも調子が狂います。何をするにも体と心がついていきません。おかげで午後の時間の長いこと。

ワム90000の扉にさびの表現を加えてみました。といっても実車を観察したわけではなくあくまでもイメージということでの作業。使ったのはガンダムマーカー。水性で簡単に拭き取ることができますので、失敗をおそれずに気軽に作業を進めることができました。このような作業は5分もあればできてしまうので、隙間時間を見つけて楽しむことができそうです。ブレーキシューやブレーキてこへの色差しもこれからです。

Dsc_0341

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

体育大会の後に

地域の中学校の体育大会に行ってきました。心配された雨が上がったのは幸いでした。職域の輪回しに出ました。輪回しはそこそこできる自信はあったのですが、第1走者の一番アウトレーンスタート。競り合いは苦手です。案の定、スタートにつまずいてしまい、第2走者に引き継いだときにはしんがりとなっていました。結局、このスタートのつまずきが最後まで響いて、我が職場は最下位という結果になってしまいました。みなさん、ごめんなさい。

帰宅後、19Dコンテナのフォークリフト差し込み部分に黄色の色差しを28個分行い、いくつか現役っぽくなるようウェザリングをしてみました。実物の写真を見てみると経年による汚れというよりは退色によりしろっぽくなっているものが多いようです。

Dsc_0340

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

公民館清掃

朝8時から集落の公民館の清掃作業でした。木造の歴史的?建造物。班ごとに定期的に清掃活動を行っています.古い物を定期的にメンテナンスしながら大切に使っていくその営みを嬉しく思いました。敬老の日にはここで敬老会が行われます。先日は十五夜。地域の絆が伝統行事を中心に保たれていることを感じます。

コンテナの色差しとスミ入れの続きをしました。19Dコンテナについては第1段階本日で終了しました。後はフォークリフト差し込み口に黄色の色差しをしてウェザリングをする予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

香り

夜、アロマの講習会がありました。世の中にはいろいろな世界があるものです。視野を広げるいい機会になりました。香りといえば、鉄道にもその場独特の香りというものがありますね。ことのほか懐かしく思い出されるのは旧型客車の香り。長年走り続けて染みついた香りなのでしょうか。独特の香りがありました。ボックスシートに身をゆだね、この香りに包まれると旅に出るんだなあと言う実感がわきました。講習会で虫除けスプレーとバスボム(入浴剤)を作ってきました。鉄道車両の香りなんてものがあれば、鉄分のある人は一番リラックスできるかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

アキアカネ

歩いて職場に向かい途中、アキアカネの群れの下をくぐりました。抜けるような青空をバックに舞うアキアカネ。秋らしい絵になる風景です。これまでトンボの飛び方をまじまじと観察したことはありませんでした。よく見ると羽をばたつかせず滑空するように飛んでいます。まるで超軽量飛行機のよう。その安定した飛行?ぶりは航空機を連想させるものでした。時折、4枚の羽をぱたぱたっと動かし、その後は滑空、この繰り返しでした。自然の創造物のその巧みな飛行にみとれる朝となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

彩雲、虹?

同職の方が8月末から入院しており、最初の退院予定日を過ぎてなお入院が続いています。手術の必要が出てきたとのことで、快方を祈るばかりです。今夕、鹿児島市内までお見舞いに行ってきました。鹿児島市はここ数日降り続く桜島の灰でもうもうとしていました。

市内へ向かう途中、空に鮮やかな光を認めました。彩雲なのでしょうか、虹の一部なのでしょうか。虹色から斜めに光の筋も見えています。

Dsc_0321

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

夕食時に

昨日、今日と夕食時にビコムの「めざせ運転士」シリーズを見ました。VHS時代に作成された古いタイトルのDVD版。機器や運転操作についての説明に続いて前面展望、よくある前面展望ですがこのタイトルは運転操作の様子がずっと映し出されますので、何度見ても飽きない内容です。また、古いだけあって映像に出てくる車両もあの頃の懐かしいものが多いのも魅力。カチカチという操作音やプシューというエア音、それにED76の汽笛やキハ58のタイフォンが耳に心地よく響きます。つられて焼酎もついつい進んでしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

7000円引き

家族が使っていたコンデジのレンズが動かなくなり、修理に1万円以上かかるとの見積もりでした。コンデジの修理に1万円以上の負担は割に合いません。可哀想ですが、現役復帰はあきらめてもらうことにしました。C社製でした。

さて、新しいコンデジを購入しなければなりません。各社のカタログを検討した結果、N社のS9100にすることにしました。コンデジとしては大きな図体とごついスタイルの持ち主ですが、広角が利くことと望遠側も18倍までアップできることが決め手でした。発表会や運動会でその性能を発揮することができそうです。映像素子がCMOSというのも魅力。

先の日曜日に近くの量販店に見に行きました。ネットで価格を調べると安いところでも2万円前半。土曜日に入っていた別の量販店のチラシではカメラ、保護フィルム、ケース、SDカードのセットで3万円前半の価格。

この店での価格は2万6千800円。価格的にはチラシの店とそう変わらないようでした。別の店も見てみようかなと思った矢先、店員さんが他店価格調査価格という札を数枚持ちながら、いくつかの商品の値札の上に貼り付けていました。2万6千800円の札の上にペタッ。新しい価格は1万9千800円。イチキュウパ!。目の前で価格が7000円も安くなりました。市場原理の厳しさというか、それに翻弄される製造業も大変だなという思いがよぎりました。安いのは消費者にとっては歓迎ですが、製品にとっては気の毒な気もします。このカメラ、発売は今年初旬だったと思います。その頃の価格は4万円前後。それが1年も経たないうちに半値とは。

カメラ本体、保護フィルム、ケース、8GSDカードを合計2万5千円弱で購入できました。SDカードはカメラ本体との同時購入で一般価格より割り引き。それに10パーセントのポイントが付きますから実際はこの価格よりさらに1割引というもの。

1週間ほど前、次男がスポーツ店主催の軟式野球大会後の抽選会でバッティング用のネットを当ててきました。手提げ程度の入れ物に収納できるもので、開くと6畳の部屋いっぱいの大きさに広がります。さて、試しに広げたはいいものの、収納がうまくいきません。しばらく広がったまま和室を占拠していました。この日、鋼でできたような枠をくるくるっと丸めて入れ物の大きさになるように悪戦苦闘。ネットに掲載されている動画を見るといとも簡単に丸めています。何とか入れ物に収まったのは作業を初めて2時間を超える時間が経った後でした。量販店に行ったのはその後。予定よりずいぶん遅れてのことでした。

もし、この苦闘がなければ7000円引きの価格での購入ができなかったと思えば、次男がもらってきた少々やっかいな景品にも感謝しなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

一日早い十五夜

9・11から10年、3・11から半年という二つの節目の日となりました。いずれも私たちが生きているこの現実の社会で起こったことが今でも信じられないような出来事でした。映画のCG技術の進歩でどんな事象でも現実と見境がつかないような映像を目にすることができる昨今ですが、さすがに現実に起こったことを映像を通して見た衝撃は大きいものでした。

そんな日、地域で一日早い十五夜の行事が行われました。午後7時の始まりですが、何かを待っている様子。ここを19時7分に通過する最終のローカルバスが通り過ぎるのを待っているのでした。定刻よりやや遅れて椰子の木をまとったバスが二人の乗客を乗せてゆっくり目の前を通り過ぎ、テールランプが闇の中へと消えていきました。

今、バスが通過した路に綱を出して綱引きの始まり。班別、年代別などいろいろなチームに分かれて引き合います。老若男女、それぞれに力を出し合い、絆を深めていきます。次に十五夜相撲。子どもたちの取組から夫婦対決まで、みんなできゃあきゃあ言いながらの観戦。空からお月様が静かに見守っていました。

いつもと変わらない何気ない日常の有り難さを教えてくれる日ともなりました。

Dsc_0296

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

セピア色になっても

高校の体育祭に行ってきました。長男にとっては保育園から始まった運動会の最後の日となりました。天気予報は前日から雨とのことでしたが、幸い良い天気に恵まれ無事に行うことができたのは何よりでした。青春の1ページ。それぞれに思い出深い体育祭になったことと思います。セピア色となってもこの頃の思い出は人の一生を支えるだけの力があるような気がします。

Dsc_0222

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

明日天気になあれ

明日は長男の高校の体育祭。夜9時を回る会を終えてから鹿児島への夜道を走りました。午後から雷を伴う雨が降るとのことで心配していましたが、予報通りではなかったようです。明日の天気は不安定なようで心配していますが、何とかもってもらいたいと願っています。

今日も外での仕事が多く、少々ばて気味。鉄分はネットで鉄道模型に使えるプライマーをチェックしたことぐらい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

今日もコキの積み荷を

今日は一日、外での仕事。涼しくなったとはいえ、日差しの下での作業で汗びっしょり。お陰で今日のビールもどきは最高においしくいただくことができました。

体に入れたアルコールが落ち着いた頃に、今日もコンテナ処理。マーカーで行える作業だけを進めています。音楽を聴きながら好きなことをやっていると疲れもどこかへ行ってしまうような気がします。カトーのコキ104に積まれているコンテナは全部で60個。まだまだこの作業は楽しめそうです。

Dsc_0209

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

旧専売公社引込み線

写真は旧専売公社の倉庫にある専用ホーム。今でも線路こそありませんが当時のまま残っています。かつてはあちこちに引き込み線や専用線があり、多様な貨物列車を楽しむことができました。

Dsc_0037

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

飛行機雲が彩雲に

昼前、ふと空を見上げると青い空をコントレールを引きながら飛ぶ航空機の姿が見えました。急に秋めいて空も澄み、飛行機雲が美しく見える季節になり、ときどき空を見上げていました。よく見ると航空機のすぐ後ろに排気から生成されたばかりの飛行機雲が虹色に輝いています。ネットで調べると彩雲の一つなんだそうです。カメラを手にしていなかったのが惜しまれるような光景でした。小さくなるまでずっと虹色が見えていました。大気の状態や太陽との位置関係で条件が揃うのは少ないのかもしれません。
今日の新聞に「列車の運転士挑戦」という見出しで子どもたちが鹿児島車両センターで列車の運転を体験したという記事が載っていました。運転したのは、「あそ1962」で使われていたキハ58+キハ28。JR九州が募集している子ども向けの「鐵道クラブ」会員限定のツアーでの企画だということです。何ともうらやましい体験をしたのは親子5組10名。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

コンテナの処理

今回の台風、大きな被害をもたらしました。被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。気候の変動なのか、台風銀座と言われた南九州にはここ数年台風の上陸がありません。台風を境に、急に秋めいたきた感があります。

仕事を終え、小一時間ほど時間がとれたので、コンテナへの色差しなどを進めました。ガンダムマーカーを使って扉回りのパッキンの表現とスミ入れを行いました。少々慣れてくると雑になってくると言う自分の特性を感じました。丁寧にやっているつもりでも、最初の頃にはやらなかったようなミスをしてしまいます。積んでいるコンテナのうち、2つは未処理です。本物ではあり得ない同じ番号のコンテナも同居しています。

Dsc_0176

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

ピアノ発表会

音楽教室の発表会がありました。会場に向かう途中、信号待ち時に運良く甲突川に架かる鉄橋を鹿児島中央から鹿児島へ向かうコンテナ列車を見ることができました。牽引機はJR貨物色のEF81 450番台。実は鹿児島へEF81がやってきて以来、走っている81を見るのはこれが初めてでした。F級機の重量感を改めて感じました。それに続くコンテナ満載のコキ、是非この重量感を模型でも再現してみたいものです。

音楽発表会は年齢が上がるにつれ、その上達ぶりに目を見張る内容でした。

Dsc_0165

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

19Dコンテナ

見通しの悪い交差点の信号が青から黄色に変わりました。通り抜けても十分余裕のあるタイミングでしたが、こういう時に限ってパトカーがいるかもという思いがふと浮かび、急制動。果たして左から赤色灯を頭に乗っけたクラウンパトが青信号で発信してきました。こういうのを虫の知らせというのでしょうか。もし黄色で通り抜けていたら検挙されるタイミングではないにしろ、心臓には良くなさそうです。昨夕の出来事です。

久しぶりに模型いじり。19Dコンテナに色差しと簡単なウェザリングを施しました。フォークリフトのフォークを刺す部分と上下の留め金部分にエナメルでマットイエローを差し、スミ入れ用ガンダムマーカーブラックで扉回りのゴム?の部分を縁取り、細かいところのスミ入れはグレーを用いました。後はウェザリングマスターの黒、ブラウン、白を適当にこすりつけて感じが出るようにしました。実物の写真を見ると褪色により全体の色合いが個体によってまちまちです。薄い塗装でそんな感じも出せるようになったらいいなと思います。左のコンテナは未処理のものです。あまり上手にはできませんでしたが、製品そのものよりは色合いが落ち着いたような気がします。

Dsc_0151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

鉄塔

城山に立つ放送用の鉄塔が地上デジタルテレビへの移行に伴い用途廃止となり、昨日から解体工事が始まったと新聞が報じていました。小さい頃から当たり前のようにあった光景がまた一つ姿を消すことになりました。ジャングル大帝や日本昔話など、この鉄塔から送られてきた電波で育ってきた世代ですので一抹の寂しさを感じます。足が4本付いたテレビ、観音扉が付いたテレビ、家具のように堂々としたテレビ、もちろん始まりは白黒放送。カラー放送が始まった頃は【カラー】という表示がわざわざ画面に表示されていましたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

人の顔

自宅以外で新聞集金のご婦人にお会いしました。昨日も車の中からでしたが、あれっといった表情で挨拶をされるので、どこかでお会いした人だろうかと不思議に思っていました。これまでここに赴任してきて1年半近く毎月集金に来ている方です。自宅でしたらすぐに新聞集金のご婦人だと分かるのですが、場が変わるとさっぱり分かりませんでした。人の顔を覚えるのは得意な方ではありません。しかし、今回のことで覚えが悪いと言うより人の顔をあまりよく見ていないということに気付きました。人の顔をまじまじと見るのは失礼な気もしますが、支障のない範囲でよく見てみることにします。昨日「あれっ」という表情で挨拶をしたのは、集金に来たのに私が外出しようと車を出したところだったからでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »