« 普通列車のDVD | トップページ | 今日の鉄分 »

2011年9月28日 (水)

スタートが肝心

今日は日中少々暑くなりましたが、それでも随分と涼しくなりました。仕事はスタートが肝心とばかりに、最近スタートダッシュを心掛けるようになりました。スタートをしくじると一日だらだらとした気分になり、能率が下がります。始業時刻より随分早く職場に着きます。これまで始業まではメインとなるような仕事はしていなかったのですが、努めてどんどん取りかかるようにしました。脳からドーパミンが出るのでしょうか、その後は好循環で仕事が回ります。手帳に記したリストもどんどん消されるようになりました。気分転換は別の質の違う仕事をすること。

気分良く仕事を終えて帰宅するとまず手回しオルゴール。鉄道オルゴールは正に癒しの音です。疲れもすうっと去っていくような気がします。

|

« 普通列車のDVD | トップページ | 今日の鉄分 »

その他」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。「スタートが肝心」仰せの通りと思います、主たる目的も無いままに撮影に出ますと必ず自宅から1分位の場所で忘れ物に気づきUターン。時刻表や携帯電話位なら何とかなりますが予備の充電池やメモリカードとなると己の不甲斐なさに腹を立てながらリスタート。デジカメが主機材となってからコノ凡ミスが増えた気がします、年のせい?。更に撮影現場に置いても事前の構図決めを省いて多少の失敗はトリミング修正で補えると未熟な腕前を自覚しなくなる悪い癖が付くようになってしまいました。「事前準備と余裕を持って事に当たる大切さ」基本に立ち返り、何事にもスタート重視で宿題を溜め込まない努力をして参りたいと存じます。余談ですが今春まで「なのはなDX」の指定席車に使われていた220DC(1102)が赤塗色になり熊クマ配置となるみたいです。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年9月29日 (木) 00時36分

「はまり」というのは何事にも大切なものですね。趣味についてもときどきスランプといいますか、何のためにやっているのかなという疑問符に答えられなくなることがあります。その壁を乗り越えながら深い世界?へ進んでいくのかもしれません。さて、私も充電しておいたバッテリーを装填しないままうんともすんとも反応しないデジカメに現地にて呆然としたことがあります。また、前回変更していた設定のまま気付かずに撮影を続けてしまうことも度々…。どうもこちらでも「はまり」が大切なようです。

「なのはなDX」は新天地でどのような活躍をするのか注目ですね。情報ありがとうございました。

投稿: Nakachan | 2011年9月30日 (金) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタートが肝心:

« 普通列車のDVD | トップページ | 今日の鉄分 »