« オルゴール | トップページ | 懇親会 »

2011年9月24日 (土)

今日の鉄分

久々に自転車をこいできました。長く乗っていなかったので空気が少々抜けていました。自転車本体に常備している小型空気入れで補充。夕暮れの空や海を眺めながら走ってきました。秋めいた空気が心地よく、やはり自然の中を走り抜けるのは気持ちがいいものです。

アキアカネの群れの中を何度となく通り過ぎました。トンボは複眼でよく見えていると思いきや、何度も衝突してきました。かさっという軽い感覚とともにぶつかってきます。これでは車に衝突されるのも無理ありません。

今日の鉄分はコンテナへのトップコート。つや消しのトップコートを吹き付けたところ化粧の乱れやてかりは落ち着いたような気がします。といっても遠目にはよいのですが、近くで光に当てると少々肌荒れ状態。習作ということで犠牲になったコンテナたちには勘弁してもらいたいと思います。

配送手違いのオルゴールが届きました。送れて届いたのはハイケンスのセレナーデ。寝台特急をはじめとする客車で用いられていたオルゴールです。3種の中でハイケンスのセレナーデが一番実物の音質に近く感じられます。鉄道唱歌の手回しクランクがスムーズでなかったのですが、取り付けビスを調整したらなめらかに動くようになりました。

Dsc_0363

|

« オルゴール | トップページ | 懇親会 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。アノ西鹿児島発【最後の富士号】牽引機に掲げられていたHMはファンサービスの『なんちゃって』掲出だったのですね(1つ勉強になりました)。さて40年ほどタイムスリップ・重富駅で開催されたという蒸機展示?会。往復路も含めて主役は【ビッコロ君】会場も沿線も人だらけだったと聞いております。永らく当日の様子を知らずにいましたが最近入手した記念切符に堂々と海岸沿いを下る鮮明な写真が。確かC55とC11がサブゲストだったと思っていましたが客車編成の間にカマがもう1両。スローピングテンダの小型機、勝手にC56がオマケ付き?と解釈していましたが勉強不足ですね。でも何故オマケが付いたのでしょうか?、往路は3重連だったかと。入換仕業ばかりの毎日に堪えかねて《泳げタイヤキ君》をしたのかなァ~。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年9月25日 (日) 00時50分

「なんちゃって」掲出とは言い得て妙ですね。富士最終日にはファンも多く、職員公認のもと線路に降りての撮影もできたように記憶しています。重富駅までのB20をはじめとする蒸気機関車運転会の様子は私も映像や画像で見たことがあります。すごい列車が走ったものです。往路と復路では機関車の数に違いがあったんですね。

投稿: Nakachan | 2011年9月26日 (月) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の鉄分:

« オルゴール | トップページ | 懇親会 »