« 青空バックで | トップページ | はーっ »

2011年11月19日 (土)

JTA B737

長男の腕時計がおかしくなり、修理を依頼していました。見てもらったところ、ホームタイムの設定がおかしくなっていたとのこと。ソーラーの電波時計でクロノグラフの多機能時計です。ボタン操作を誤ってホームタイム?なるものを変更してしまったのかもしれません。最近の代物は携帯電話をはじめとして昭和の人間にはよく理解できません。修理伝票の代金欄に「0円」という文字が手書きされているのに気づいてはいたのですが、修理代金を尋ねると昭和の香りのするおばちゃんが「修理代金はいりません」と笑顔で答えてくれました。操作ミスの可能性大ですが、簡単に正しい時間を刻まなくなる高価な時計に少々不満を持ちつつも、おばちゃんの笑顔で帳消しになった気がします。

おかしなことがもう一つ。妻の車のキーが分裂してしまいました。金属部分とプラ部分が外れ、プラ部分はばらばらになっています。車で踏んづけたわけでもなく、普通に使っていてこんなことになったようです。エンジンをかけるのも大変。私の車に比べればうんと新しいのに何故?妻が怪力で、エンジンをかける度にキーに疲労を与えていたのか。真相ははっきりしませんが明日、ディーラーに持って行きどうにかしてもらわなければなりません。

写真はかなり前に鹿児島空港で撮ったものです。JTA、日本トランスオーシャン航空のB737。シャッターを切った段階で車輪が収納し切れていません。日没に近い時間帯のため、真横からに近いライティングです。尾を切り取られて市場に並んでいるまぐろのような構図になってしまいました。

Dsc_0049_1

|

« 青空バックで | トップページ | はーっ »

航空機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JTA B737:

« 青空バックで | トップページ | はーっ »