« ブルトレ再出発 | トップページ | 旧型客車が甲種回送されてきました »

2011年12月23日 (金)

県境

県境を越えて熊本県へ。いくつか購入するものがあったため、久しぶりにやや長距離の外出をしました。下の写真は県境の様子。伊佐市の布計から一勝地に抜ける林道です。山野線が現役の頃、薩摩布計から久木野までは何度も抜けたことはあったのですが、こちらの道は当時砂利道で入ることがはばかられるような様子でした。ということで今回が初めての通行です。舗装こそしてあるものの深い山の中を行く道は薄暗く細く曲がりくねり、対向から木材を積んだ大型トラックが来たらどうしようと、常に不安を抱えながらの運転。幸い林道区間での対向車はなし。

布計側は布計集落まででかなり高度を稼いでいますので、林道区間に入ってもそれほど厳しいものではありませんが、熊本側は一気に山肌を下っていきますので、つづら折の連続。よくこんな急峻な山に道路を通したものだと感心します。

今回の外出でいくらか写真も撮ってきましたので、追々紹介していきたいと思います。

Dsc_0640

Dsc_0641

|

« ブルトレ再出発 | トップページ | 旧型客車が甲種回送されてきました »

その他」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。旧道・酷道や道路沿いに建つ廃屋、果ては放置バスやトラック・乗用車のスクラップを求める撮影行を趣味にされている方も多いようですネ。近年整備の立派な農道や山道も有る反面、国道500番代等には林道クラスの狭隘クネクネ道も多く個人的に好きな探訪コースです。今年から廃車バスや倉庫ワムも積極的に撮影する様になりましたし少しずつですが鉄道列車や自然風景・歴史文化財とは違った魅力を感じてきております。今年は南北薩摩をメインに撮影しましたので来年は奥薩摩、大隅半島、更には隣県にも範囲拡大の予定・予習勉強として伊佐、球磨の林道状況写真を拝見させて頂きます。

投稿: 夢幻鉄道 | 2011年12月25日 (日) 02時43分

夢幻鉄道様、おはようございます。地方のローカル線の多くが廃止になった今、昔ながらの狭隘な道路はいくつも時代を遡ったような風情があり、趣味の対象として魅力を放っているように思います。ネットや書籍で紹介されている様子を見ると、探訪欲がかき立てられます。夢幻鉄道様も幅広く訪問され、奥深い世界を味わっていらっしゃる様子。折を見てその辺りの情報も伝えて頂けると有り難く思います。今回は、時間の制約があり写真に撮っておきたい風景をいくつもスルーしております。期待に添えるような写真は少ないと思いますが、しばらくおつきあい頂ければ幸いです。

投稿: Nakachan | 2011年12月25日 (日) 06時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県境:

« ブルトレ再出発 | トップページ | 旧型客車が甲種回送されてきました »