« 続・布計小学校今昔 | トップページ | 県道15号線 »

2012年1月21日 (土)

インレタ貼付

旧知覧線に隣接する川辺文化会館で川辺フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートがありました。演奏曲目はシベリウスの「フィンランディア」、グリーグの「ペールギュント」、ベートーヴェンの「交響曲第7番」でした。50人を超える編成で繊細で迫力ある演奏を披露してくれました。舞台のすぐ後ろが知覧線跡、そのことを思うと演奏にも特別な感慨がありました。

演奏会に行く前、キハ26、キハ55、キハ26ー400にナンバーや所属、検査表記のインレタを貼付。EH500の2次形にも側面のみ金属インレタを貼付しました。

キハ55系は位置決めの寸法が記載されていませんでしたので、ネットで検索した写真をもとに位置決め。

Dsc_0117
EH500は配水管から5㎜、床下から13.3㎜の指定がありましたのでそれに則ってマスキングテープで目安の印を付け、実際に計りながら微調整して位置決めしていきました。実際のEH500は金属プレートから白色塗装のナンバーに変更しているとのことで白色インレタも附属していましたが、迷わず金属インレタを選択しました。今日のところは側面の4箇所のみ貼付し、残りは又次回です。

Dsc_0118

|

« 続・布計小学校今昔 | トップページ | 県道15号線 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。車両工場がフル回転ですね、お疲れ様です。昨日のC56話にまたまた70年代前半の各趣味誌や蒸機書籍を読み返しました。最近購入しました古本『キネマ旬報蒸気機関車誌』には吉都線を行くD51牽引客レの姿、ナメクジ初期型は文句無しに格好イイです。確か九州には門デフのD51も存在していたとか、コレには些かアンチ派です。D51には標準デフが一番よく似合っていると思います、後藤工場式のデフはまずまず良しと捉えてはおりますが。門デフはC57やC55、C11辺りにも相性抜群だったと感じていますがC61等のハドソン機にはウ~ン。ただ13号機にはピッタリと絵になってますから旅客用機の大動輪との相性が良かったと言えるのでしょうね!?。

投稿: 夢幻鉄道 | 2012年1月22日 (日) 01時52分

キネマ旬報社の蒸気機関車誌は独特のインクの香りが印象的で、印刷したての新刊からは特にその香りが強く、ページをめくる際の期待を大いに高めてくれるスパイスでした。吉都線を走っていたナメクジのD51は8号機でしょうか。一次形は煙室扉の回りがなめらかな曲線になっており、以降のD51に比べると穏やかな印象を受けますね。同機は尼崎に保存されているようです。門デフのD51は1038号機でしょうか。かまぼこドームに船底テンダーの戦時形のカマには意外と似合っていたような気がします。1038号機はIMONから特定ナンバー機として製品化されています。

投稿: Nakachan | 2012年1月22日 (日) 08時13分

ご無沙汰しております。
管理人さまの車両工場では着々と作業工程が進捗しているようですね。
小生はというと昨年の12月はじめ頃から雑用に振り回されてストップし工作台が北側の部屋で暖房無しということもありなかなか再開できずにいます。
そろそろ管理人さまを見習って再開しなければとは思っているのですが・・・
さて、門デフのD511038のことが出てきましたが、小生の帰省先(熊本市良町)の近くの個人宅の玄関前にD511038の動輪が一対ガラスケースに入れて展示されています。
簡単な説明と多分鉄道ファン誌のグラプページと思われる写真も掲示されています。
保存されている動輪には刻印もあります。
また、D511038の動輪は都城市山之口町にも保存されているようです。
小生は実車を見ることは出来なかったのですが、SLブームの時には結構知られた機関車だったようです。

投稿: You-enてっど | 2012年1月22日 (日) 08時56分

管理人様、こんにちは。はい『8』号機です、吉松機関区配置とありますから吉都線運用が主体だったのでしょうね。実車にしろ模型にしろ最多量産型式ゆえに地味な印象を受けてしまいますがナメクジに関しては身を乗り出してしまいます。型式名の入ったナンバーが四方に付いていましたら 尚良しです。昭和45年の全線電化までは鹿児島本線で貨物列車の牽引も担っていたのでしょうね、考えるだけで興奮致します。

投稿: 夢幻鉄道 | 2012年1月22日 (日) 09時43分

You-enてっど様
D511038号機のフォローありがとうございます。動輪が保存されていることは知りませんでした。個人宅のガラスケースには特に興味がそそられます。吉都線は今でこそローカル線に甘んじていますがかつての宮崎本線。D51が入ったりF級機のDF50が入ったりとなかなか華やかな路線でしたね。

夢幻鉄道様
トンネルもなく平坦区間が多い吉都線はD51にとってのんびりした運用だったことでしょうね。肥薩山線の重装備D51とは対照的です。某HPを見ていましたら、門デフ装備で有名なC6113が廃車後、肥薩線の霧島西口に僚機とともに留置されている写真が掲載されていました。

投稿: Nakachan | 2012年1月22日 (日) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インレタ貼付:

« 続・布計小学校今昔 | トップページ | 県道15号線 »