« バレンタイン | トップページ | あっね »

2012年2月18日 (土)

475系にようやく着手

先日の新聞に鹿児島市が鹿児島本港区へ市電路線新設へ向けて検討を始めるとの記事がありました。センターポール化や軌道緑化、低床電車導入など積極的な事業展開を見せる鹿児島市電に新たな光が見えてきました。県庁への延長、谷山駅への延長など、これまで検討されてきた経緯がありますが、残念ながら実現していません。今回は新幹線全線開業を契機としたさらなる観光立県としての地盤固めという今後の鹿児島の行方に関わる事業展開だけに、是非官民一体となって実現させて欲しいと思います。

長らく眠っていた455(475)系の運転整備に着手しました。鹿児島へは急行「かいもん」号、「そてつ」号として発着。日豊線南宮崎・鹿児島間が電化されたときには急行「錦江」として走る姿も見ることができました。また、急行列車大幅削減のあおりを受けて、普通列車としてグリーン車を組み込んだまま運転されたのもご存じの通りです。

今日は、2両の先頭車のお顔に手すり等のパーツを取り付けました。模型で手頃なグリーン車やサハシを組み込んだ7両で編成します。

今日も相変わらず、飛ばしたパーツを探すのに余計な時間をとられました。模型とつきあうにはいらいらせずに、忍耐強く作業を続ける力が必要なようです。

Dsc_0278

|

« バレンタイン | トップページ | あっね »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。タイトル(475系)も非常に気になる処ですが前コメントの続きをば。「都城駅」まだ架線もなく磨き抜かれた蒸機や唸るディーゼルが構内を行き交っていた往時の賑わい。鹿児島や宮崎の様に大きな機関区こそ無いにせよ今や伝説で語られる夜行列車も発着した主要駅。日豊・吉都・志布志、各線の列車が集いし情景は昼となく夜となく駅を訪れたベテラン鉄道愛好家諸氏の御記憶に輝き続けているに違いありません。いにしえを体験できなかった者にとって国鉄亜幹線の甘美なフェロモン漂う都城停車場の記録は溜め息ばかりの理想郷。タイムマシンで行く「昭和4○年南九州・魅惑のジャンクション●●駅(だけの)ツアー」なんて有れば最高!えッ? ○と●●に迷います?そうですよねェ、吉松も良いし志布志や△△だって・・、次回へと続く~、。

投稿: 夢幻鉄道 | 2012年2月18日 (土) 21時06分

高校生の時、隼人〜加治木だけ乗ってました。懐かしいです。
クハ455形600番台が来たときは広々としてラッキーと思ってました。
TOMIXの455系良いですね。私も欲しくなりました。金がないですが・・・。

投稿: 元肥薩線沿線民 | 2012年2月19日 (日) 23時25分

夢幻鉄道様
都城駅は非電化亜幹線のジャンクションとして鉄分の高い者には贅沢すぎるほどの駅でした。広い構内に敷き詰められた線路群、そこには貨物から長距離列車まで種々様々な車両群がたむろしていました。蒸気機関車も吉都線のD51、C55、志布志線のC58、日豊線のC57など、夢のような光景ですね。

元肥薩線沿線住民様
私も475系が6両で普通運用しているときに一時期加治木から西鹿児島までよく乗っていました。この当時はグリーン車が普通車として開放されていることを知らない人も多かったように思います。枕カバーと肘掛けカバーがないだけで、後は全くグリーン車のままでしたから…。

投稿: Nakachan | 2012年2月20日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 475系にようやく着手:

« バレンタイン | トップページ | あっね »