« 吉利駅公園化 | トップページ | 貨物ホームは… »

2012年4月30日 (月)

吉利駅のホーム

休みでしたが午前と午後、職場に出向き仕事をしてきました。まったく手当の出ないサービス残業です。しかし、何とか仕事のめどがつき、連休後半は仕事のことを考えずに済みそうです。

あるブログからとれいん誌5月号に屋根裏レイアウトの特集が組まれていることが記されていました。夕方、市内の大型書店に見に行ってみました。それはそれは素晴らしい夢のような空間が…。本が綺麗でしたら即、購入だったと思うのですが、1冊しか残っておらずしかも痛んでいましたのでパス。こんなときはすぐにネットで注文するのですが、それも見送ることにしました。昔の「いつかはクラウン」ではありませんが、「いつかはレイアウト」は鉄道模型ファンのあこがれでしょうか。

今回はJTBの交通ムック「日本の鉄道遺産」、鉄道ジャーナル6月号別冊「SL大集合~日本の蒸気機関車2012」、吉岡心平著「よみがえる貨物列車~明治から平成へ秘蔵写真でつづる1世紀の貨車車両総覧」の3冊を購入しました。

さて、昨日訪れた吉利駅の続編です。駅本屋の前のホームの様子です。どうやら失われたホームの盛り土が復活し、ホーム端はスロープではなく、階段状になるようです。永吉駅のように駅名標が設置されることになるのでしょう。できたら南薩線独特のボリュームたっぷりの駅名標を復元してもらいたいところです。この日は駅前商店は閉じていました。

Dsc_0580

|

« 吉利駅公園化 | トップページ | 貨物ホームは… »

南薩鉄道」カテゴリの記事

コメント

ホームに単に土を盛ればよいというものではなく、ぜひしっかり考証して復元してもらいたいものです。また解説も駅の沿革の詳細や地域特有の状況を盛り込んでもらいたいものです。とりあえず公園化というのは記念撮影用モニュメントとなんら変わらないと思うのですが。

投稿: なんさってっとう | 2012年5月 1日 (火) 00時38分

昨年、整備された永吉駅跡を訪れた時、ホーム端の階段化には違和感を覚えました。
発注元が同じであれば、永吉駅跡と似たような感じになるのでしょうが、何とも、やるせない気持ちです。

投稿: hvcc | 2012年5月 1日 (火) 21時11分

ここを段差の低い階段にしても、まったく意味はありません。よく考えてみると新たな内容がわかってまいりました。結論からすれば、駅跡の過剰な整備は高い工事費をばらまくための口実でしょう。機能を無視した工事、雰囲気をぶち壊しにする工事、世の中にはいろいろな工事がありますが、こういう場合は工事をすること自体に一部の人たちにとって大きな意義があることが少なくありません。南薩線跡の整備も税金のばらまきに利用されているだけではないでしょうか。そもそも地元の人は跡地には何もないのがわかっているので、離れたところから南薩線を思い出したいがためにわざわざここに頻繁に通うことはあり得ず、外からの一般の人がわざわざこれを目当てに来ることもないと思います。南薩線を本当に残したいのであれば、自治体は車両などへの対応の強化も含めて、バランスのとれた全体計画をもっと明らかにするはずです。単に地元税金の無駄遣いのみならず、南薩線がうまく利用されているところに怒りを覚えてしまいます。浜田橋も石造りの橋とまったく違和感のあるタイルが敷き詰められており、これも同様な目的に利用された例なのかと思ってしまいます。本来であれば、アスファルトを入念にはがして凸凹の石の表面を出すのではなかったのでしょうか。楽な工事で一見豪華になったように繕い、高い工費をとるということではなかったのでしょうか。やっと南薩線の工事の真相が見えてきたように思います。工事の目的が別にあるようなので、現地での調査などは時間ばかりかかって成果が見えにくく、安易に過剰な工事を行うのだと思います。対象とする駅も、保存の方法もちぐはぐで、南薩線の保存という視点ではまったく的を得ず、単に地元住民の南薩線への想いをうまく利用して反発されないように税金を投入しているだけに見えます。こんなことが続けば、事実とは異なるものが後世に伝わりかねません。吉利もつまらないモニュメントの”創作”になりそうで残念なかぎりです。

投稿: なんさってっとう | 2012年5月 1日 (火) 23時49分

hvcc様、なんさってっとう様、全く同じ意見です。
どうも今回の整備は永吉駅を含めて稚拙な整備に思えてなりません。南薩鉄道の貴重な遺構を後世にどのように伝えたいのか、そのビジョンが見えてきません。小綺麗にすることが善なのか。どうもこのような小善は木を見て森を見ていないようで結果として大きな過ちを犯しているように思います。それが税金の不適切なばらまきとして行われているとしたら納税者として納得できるものではありません。日本の文化レベルはこの程度かと情けなくなります。

投稿: Nakachan | 2012年5月 2日 (水) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉利駅のホーム:

« 吉利駅公園化 | トップページ | 貨物ホームは… »