« 発表会開始を待ちながら | トップページ | 廃線跡のタケノコ »

2012年4月 8日 (日)

吉利駅付近の路盤が…

今日は休みでしたが、夕方まで仕事。仕事を終えた後、旧鹿児島交通線の吹上浜から吉利駅先の海岸まで自転車で往復しました。ちょうど1時間ほどの行程です。地図で見ると平坦なようですが、起伏に富んだ地形でアップダウンの繰り返し。自転車による体づくりにはちょうどよい自転車道です。

吉利駅を過ぎたところで目が点に。県道脇に残っていた路盤がはぎ取られているではありませんか。メンテナンスフリー工事という名目のようです。県道脇の利用価値のない土地ですので永らく安泰かと思っていたのですが、県道用地として県道整備のときに払い下げられていたのでしょうか。貴重な痕跡がまた一つ消えてしまいました。

Dsc_0369

|

« 発表会開始を待ちながら | トップページ | 廃線跡のタケノコ »

南薩鉄道」カテゴリの記事

コメント

画像には見えていませんが、左側に用水路(小川?)があり、石積みの橋台、その先、伊集院(日置)寄りには築堤が残っている箇所ですね?
国道の改修で300mあまりの線路跡(自転車道)が姿を消し、今回、その端も消滅するようで、寂しい限りです。

投稿: hvcc | 2012年4月 9日 (月) 06時43分

場所はその通りです。重機がとまっていたのでおやっと思ったのですが、平らに削り取られている路盤を見て残念に思いました。削り取った境のところには薄いバラストを見ることができました。

投稿: Nakachan | 2012年4月11日 (水) 05時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉利駅付近の路盤が…:

« 発表会開始を待ちながら | トップページ | 廃線跡のタケノコ »