« 吉利駅貨物ホーム路頭? | トップページ | ななつ星in九州の機関車 »

2012年5月29日 (火)

吉利駅旅客ホーム

久しぶりに仕事を終えた後、自転車をこいできました。今日は無性に体を動かし、自然の風に吹かれたい気分でした。こんなのをストレスというのでしょうか。よく分かりませんが、心と体は敏感に事象に対して反応するようです。

JR九州の豪華寝台列車について今日の朝刊には車内のデザインが公表されていました。日本とアジアの富裕層をターゲットにしているとのことで、これまでの日本の鉄道にはなかった新たな旅の提案です。陸をゆく豪華客船といった趣です。内装とともに外装がどのようなものになるのか注目です。

機関車を含めて8両のまとまった編成で日向路を走り、肥薩線も全線走ります。急行列車がなくなりその存続さえ心配になった肥薩線の山線区間にこのような超豪華列車がしかも長編成で走ることなど、誰が想像できたでしょう。門トスの山編成や海編成、サザンクロスを撮影した頃を思い出してしまいます。

この列車が、日本の在来線復権へ大きな契機となることを期待したいと思います。

先日撮影した吉利駅です。駅本屋前のホームの途中まで地盤が整地されています。ここはどのようになるのでしょうか。途中、重機が接触した影響か石材がはがれ落ちている部分がありました。左手には石が運び込まれています。この石の使われ方も気になります。

Dsc_0168

|

« 吉利駅貨物ホーム路頭? | トップページ | ななつ星in九州の機関車 »

南薩鉄道」カテゴリの記事

コメント

 すでに理解の範囲を超えていますので、ホームの手の整地や大きな石がどうなるのか、まったく予測がつきません。単なる公園もどきを作るだけという業者のプランそのままに進行しているように見えます。ホームの形さえあれば南薩線跡の保存ということなのでしょう。

 かつてバスの写真を撮っていた頃、未舗装区間を狙っていたころがあります。現地に到着すると途中まで舗装されたばかりであり、二度とダートには戻ることはないので、それ以前の姿を勝手に想像してとても残念に思っておりました。しかしこれは住民の生活のための道路であり合理的な変貌とでも言えるもので、交通量が少ない田舎道でも納得のゆくものでした。

 一方、南薩線の貴重な遺構を取り囲むように舗装して一体何の意味があるのでしょうか。、ましてやホームを適当にカットして適当に復元したり、ありもしない階段をつけたりするなど、言語道断です。これは南薩線の遺構は無価値であるという認識しかなく、それらしく残しておけば工事の名目もたつという程度の判断によるものと思われます。

 本当に地域住民のために保存したいのであれば、ここに来ると当時を思い出させるような雰囲気にすることが何よりも大事で、これには緑に囲まれたホーム跡とベンチとセンスの良い駅名標ぐらいで十分である思われます。

 サイクリング道路への転用というのも、単なる工事名目に使われているという要素が多々あるように感じます。しかし草だらけで線路跡の所在がわからなくなるよりは余程ましだと思います。夕張鉄道跡などはサイクリング道路もすでに閉鎖されて久しく、比較的短期間しか利用されなかったのではないかと思います。現在も廃線跡が深い樹林の中に見出だせるのは、かなり自然に溶け込んだサイクリング道路のおかげです。はたして永吉や吉利も30年後には自然な雰囲気になるのでしょうか。


投稿: なんさってっとう | 2012年5月30日 (水) 01時24分

初めて南鉄の線路跡を歩いた1996年秋、吉利駅跡は草むら状態でした。
既に駅舎も取り壊されており、駅前商店がかつてあった鉄道と駅の存在を伝えていたように思います。
ホームなども草で見え難く、対向して旅客ホームがあることを知ったのは、自転車道が整備されてからのことです。

私も、なんさってっとうさんが述べておられるように、「緑に囲まれたホーム跡とベンチとセンスの良い駅名標ぐらいで十分」だと考えます。

投稿: hvcc | 2012年5月30日 (水) 06時53分

なんさってっとう様
今回の整備は駅跡の保存というよりは保有資産の有効活用という名目で進められた一般的な工事のように思われます。たまたまそこに石積みのホームがあったのでモニュメントとして活用しようというぐらいのスタンスなのかもしれません。このような工事は歴史の専門家による監修を受けながら慎重に進める必要があると思います。破壊したものは2度と元へは戻りません。

hvcc様
自転車道に整備されたお陰で荒れ放題にならなかったのは幸いでした。そこそこ自転車や徒歩での利用がありますので、この先も自転車道としては安泰なのではないかと思われます。永吉駅や吉利駅は貴重な遺構でしたので、現役当時を彷彿させるような形で活用してほしかったと思います。

投稿: Nakachan | 2012年5月30日 (水) 21時48分

豪華寝台列車の旅ですが、鹿児島での宿は旧牧園町らしいですね。
最寄り駅としては最上級客車の客の宿は霧島温泉駅、それ以外の客の宿は嘉例川駅です。
客をどこの駅で降ろして送迎するのかも気になります。
そして、客が降りた後の編成がどこに留置されるのか?吉松なのか隼人なのか鹿児島車両センターまでもどるのか?
翌日、列車が客を嘉例川駅に迎えに行く場合、嘉例川駅では機回しが出来ないから鹿児島車両センターのような気もします。
機関車はDE10なんでしょうかね?いろいろ楽しみな列車です。

投稿: 元肥薩線沿線民 | 2012年5月30日 (水) 21時48分

元肥薩線沿線住民様
鹿児島のローカル線をかような豪華寝台列車が走るようになろうことなどかつては想像もできないようなことでした。正に宇宙旅行が実現したかのような驚きをもって報道に接しています。機回しや回送列車の設定など、興味が尽きません。機関車についても発表イラストにある機関車が全線に渡って牽引するのか否か。運行コストを考えると同じ機関車が全線を走破するのがベストでしょうが、線路規格の関係で入れるのかどうか。今後の展開が楽しみな列車になりました。

投稿: Nakachan | 2012年5月31日 (木) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉利駅旅客ホーム:

« 吉利駅貨物ホーム路頭? | トップページ | ななつ星in九州の機関車 »