« ちょっとばかり模型を | トップページ | 九州の鉄道の話題3題 »

2012年6月18日 (月)

吉利駅近況

台風4号が接近中です。情報を見る度に予報進路が東へと振れ、このままだと風の影響はさほど考えなくて良さそうです。その後に続く5号の進路も気になるところ。

昨日、旧吉利駅近くを通ったので寄ってきました。日曜日のため工事は行われておらず、静かに落ちる雨にしっとり濡れていました。貨物ホームに取り付けられたアプローチ。本物のホーム石積みに合わせた角度になっています。道路側のホーム側面は現役当時どのようになっていたのか分かりませんが、豪邸が建つような外構のよう。駅前商店横に積まれていた岩の使用目的はホーム側壁を飾るものでした。

Dsc_0307
同じ貨物ホームです。中央に二つ板が置いてあります。ここには二つ並んだ基礎部分が作られていそうな気配です。永吉駅の例を参考にするなら、ここには永吉駅と同じ仕様の駅名標が設置されるのでしょうか。あくまでも予想なのですが、もしそうだとしたら貨物ホームに駅名標という妙な光景になってしまいます。

Dsc_0312
貨物ホームと旅客ホームの間。かつて木造貨車が置かれたいた辺りでしょうか。丸い東屋が設置され、弧を描いたベンチ、その向こうには直線状のベンチが置かれています。先日、近所のおばあちゃんがお孫さん二人を連れて駅前商店でアイスクリームを買っていましたが、駅前商店で買ったお菓子などをこのベンチに座って食べる子ども達の光景が目に浮かびます。とはいえ、ここは貴重な遺構が温存されてきた吉利駅。このような姿には違和感を覚えます。そんなことを感じているとき、駅前商店のシャッターが下りる音が聞こえてきました。駅が賑わっていた頃、最終列車まで開けていらしたいう店も今では明るいうちに閉店です。

Dsc_0310

|

« ちょっとばかり模型を | トップページ | 九州の鉄道の話題3題 »

南薩鉄道」カテゴリの記事

コメント

今月初旬の訪問時よりも、完成に近づいていますね。
やはり、「わざとらしい」というか、人為的な感じは否めません。
貨物ホームは以前のままでも良かったと、改めて思います。

投稿: hvcc | 2012年6月19日 (火) 21時18分

価値観や感性の違いなんだと思います。何人もの人のチェックを受けながらなされた計画だと思いますが、どこかで整備の方法に待ったがかからなかったものかと悔やまれます。

投稿: Nakachan | 2012年6月19日 (火) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉利駅近況:

« ちょっとばかり模型を | トップページ | 九州の鉄道の話題3題 »