« 九州の鉄道の話題3題 | トップページ | 「工」の用地杭 »

2012年6月23日 (土)

久々の本物鉄分

今日も雨、すっきりしません。昼、2両のクモハ475にインレタを貼り付けました。番号は1980年頃の配置表により鹿児島運転所に所属したものをインレタの中から抽出し、決めました。1形式のみセットされた番号に該当するものがありませんでしたので、番号を拾って貼付することにしました。列車の設定は急行「かいもん」号です。自由席、指定席のサボも当時の時刻表からどの号車に貼ればよいか調べておきました。

遠方で飲み会がありましたので、夕方JRで出かけました。実物の鉄道で鉄分補給するのは久しぶりです。鹿児島中央駅のホームで列車を待つことしばし。同じホームには787系「きりしま」が停車中、発車すると入れ替わるように783系「きりしま」が到着。旧鹿児島工場への入場線をヘッドライトを輝かせながら移動する姿が。キハ58系「あそ1962」のように見えました。ホームにはいぶたまの車両も。

乗車する列車がポイントを渡りながら近づいてきました。817系の4連宮崎行きです。席はすべて埋まり、立っている人も。「本日運転士は○山、車掌も○山です」というアナウンス。ワンマンではありません。たまたま同じ姓の乗務員だったようです。“も”というところが笑えます。途中駅からは白シャツ、白セーラー姿の高校生が乗車し、一気に車内は賑やかになりました。

帰りは下り最終列車。車両は同じく817系でした。

|

« 九州の鉄道の話題3題 | トップページ | 「工」の用地杭 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。大隅地方に土砂災害をもたらした梅雨前線が東海上へと抜けて夏到来を思わせる晴天の一日、今月はまともな撮影行をしておらず心騒ぐ事でした。さてカメラ活動は出来なくとも鉄模道楽が有ると言う訳で気動車増備プラス小加工が皐月からのテーマです。貯まっていたポイントでT社のキハ20を初導入、素晴らしい製品ですがひとまず陳列台へK社の老雄が幾度目かの工場入場。カプラー交換から無理矢理ジャンパホースおまけに消火器収納箱モドキを取り付けました。鹿屋駅で撮った実車に付いていたのを真似ての小技、現役時の姿は覚えていませんが九州だけの仕様だったのでしょうか?。ひとまず片側だけながら前面下廻りが賑やかになりましたよ、次はキハ55系が入場です。

投稿: 夢幻鉄道 | 2012年6月29日 (金) 01時06分

夢幻鉄道様、おはようございます。気動車の加工、お疲れ様です。鹿屋の実車にて観察の上での加工ですので、ますます実感が高まりそうですね。消化器収納箱モドキ?はどうなのでしょうか。九州のみとなれば九州の気動車を再現するポイントになりそうです。キハ55系も入場とのこと、あちこちからからからという乾いたアイドリング音が聞こえてきそうな気がします。

投稿: Nakachan | 2012年6月30日 (土) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の本物鉄分:

« 九州の鉄道の話題3題 | トップページ | 「工」の用地杭 »